Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

コロナ後に住みたい街 仙川、川口、船橋など郊外人気復活か

コロナ後に住みたい街 仙川、川口、船橋など郊外人気復活か

テレワーク定着後は通勤時間を気にしなくていい郊外マンションが人気になるかも(イメージ)

 コロナ禍で社員のテレワークを推進し続ける企業は多いが、在宅勤務スタイルが定着すれば人々の暮らし方も変わってくる。これまで都心回帰の動きがあったマンション市場だが、今後はのびのびと暮らしながら働ける郊外への関心も高まるはず。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、今後注目されるであろう東西の郊外エリアを挙げる。

【写真】湘南の海を眺めながらの生活に舵を切る人も

 * * *
 新型コロナの緊急事態宣言が解除されてから、街には人が徐々に戻っている。しかし、コロナ前と変わらぬ賑わいにはほど遠い。何よりも、訪日外国人の姿をまったく見かけなくなったし、コロナが終息しても、われわれの暮らし方や生き方が100%コロナ前に戻ることはなさそうだ。

 特に、テレワークがこれほどまでに有効だと知ってしまった今、多くのビジネスマンたちの日常は大きく変わった。コロナ後、彼らの多くは以前のように毎日満員電車に乗って職場に通う日常には戻らないと予測されている。会社側も、毎日出社しない社員のために専用のデスクやそのスペースを用意しなくてもよくなる。その分のコストはカットできるわけだ。

 ただ、働く場所の中心が会社から自宅に移った場合には、やはりそのためのスペースが必要である。多くの人は、とりあえず自宅のダイニングテーブルなどを使ったことだろう。家具屋さんでは高級店でも大衆向けストアでも、デスクやチェアの売り上げが急伸したという。多くの人がステイホーム中のワークスペースを自宅内に急造したのかもしれない。

 テレワークが日常となれば、そのための専用スペースが欲しいというのは誰しもが考えること。しかし、都心でマンションを購入した方にとって、プラスアルファのスペースを確保するのは簡単ではない。となると、「毎日会社へ行かなくていいのなら、ゴミゴミした都心に住む必要はない」──そう考える人が一定数いても不思議はない。

 ここ10年ほど、マンション市場は都心回帰トレンドを反映してきた。都心では多くの開発が行なわれて、タワーマンション等が数多く誕生した。しかし、2014年の異次元金融緩和第2弾以降に膨れ上がった局地バブルによって、都心のタワマン価格は中堅所得者が買えないレベルにまで高騰した。

 それでも「通勤に便利な場所に住みたい」という流れは変わらなかった。都心で買えない中堅所得者は、湾岸や近郊エリアのタワマンを好んで購入するようになった。彼らの全員があの荒涼とした埋立地や、タワマンが林立する無機質な街並みを好んでそういう選択をしたのではなかろう。少なくとも何割かの人々は「通勤が便利だから」という理由で湾岸や近郊のタワマンを選んだはずだ。

 テレワークの普及は、これから住まいを購入しようとする人々の選択肢を広げてくれる。例えば週に1日とか月に3日しか会社に行かなくてもよくなれば、会社まで片道1時間以上かかる程度の郊外に住んだとしても、さして支障がないはずだ。むしろ週に1度の「上京」が楽しみになるくらいではないか。

 それでいて、広い住まいに暮らせば日常はゆったり過ごせる。専用のワークスペースも確保できるだろう。何よりも、住居費が安くなる。

 湾岸や都心近郊の武蔵小杉で床面積が20坪のマンションを買えば、予算は6000万円から1億円程度。ところが、山手線から快速50分乗車圏で同じ広さのマンションを買うなら、予算5000万円でも十分に選択肢がある。中古で探せば、さらに予算は抑えられる。

 都心でアクセク働きながら狭いマンションの住宅ローン返済に追われる暮らしよりも、郊外の自然環境が豊かな街で、伸びやかな日常を送る生活に魅力を感じる人は少なくないだろう。都心から郊外、準郊外へ──。コロナ後の住まい選びにはやや変化が起きる可能性が高い。

 ではそういった場合に、選ばれやすい街はどこなのか?

 まず考えられるのは、湘南エリアではないか。何といっても海が近い。サーフィンなどのマリンスポーツを楽しむ人にとって、湘南に住むのはひとつの夢であるはずだ。しかし、職場が都心にある場合は仕方なくそれを我慢してきた。そういった人々は湘南方面への移住を真剣に検討するのではないか。

 熱海や湯沢などのリゾートを選ぶ人も、多くはないが出てきそうだ。月に数回の出社なら、新幹線を使うことも想定できる。緑の自然環境を好む方なら高尾や相模湖周辺も想定できる。高尾は始発駅なので、出社日には座って都心へ向かえるというメリットもある。

 関西なら、琵琶湖畔の草津は通勤圏だ。琵琶湖の自然を間近に感じられる。神戸の向うの須磨や明石も気候が温暖で住みやすい。大阪の富裕層の別荘地だったエリアである。奈良方面は住居費が安くて緑の自然が豊か。寺社仏閣めぐりが好きな人にとっては、かなり魅力的なエリアではないか。

 一方、そこまで自然環境にこだわらない人もいるはずだ。単純に住居費を安く上げることで日常の暮らしを楽しもうというタイプである。そういう人が住んで楽しめる郊外の街も、少しだけ人気が復活するかもしれない。

 都心まで通える範囲で狙い目の街をいくつか挙げてみたい。マンションなどの価格がさほど高くない割には、日常を楽しく過ごせそうな街である。

 東京の南側では蒲田がいいだろう。駅に近いとマンションは高いが、少し離れるとお手頃な値段になる。毎日駅から電車に乗らないのなら、少し離れたところでお手頃な中古マンションや中古戸建てを買うという選択もある。

 東京の西側なら仙川がおもしろい。大学がある街はいつも若やいでいて、都市力があまり陰らない。北側では何といっても赤羽と川口がおすすめ。北区は全体として住居費が安いにもかかわらず、都心へのアクセスが優れている。赤羽の賑わいは衰えを知らないし、川口も楽しく暮らせそうな街。ともに肩ひじ張らない庶民の街だ。北東方面では北千住だろう。今ひとつあか抜けないが、コストパフォーマンスはよさそうだ。

 千葉方面は船橋と津田沼。船橋は街が出来上がっているので、徒歩圏内では中古マンションでも選択肢が限られる。資産価値よりも居住性を重視するなら、野田線や京成線、新京成線で2駅か3駅ほど離れると中古マンションは驚くほど安くなる。予算重視ならこちら方面だ。ただし、子どもが相続する頃には値段が付くかつかないかレベルまで、価格が下がっていることを覚悟すべきだ。

 大阪なら、千里ニュータウンの人気が復活するのではないか。特に北大阪急行線の駅から歩ける範囲なら出社もラクだ。資産価値は経年で下落するが、売れなくなるよう場所ではない。通学にも便利なので、子どもの学校もそれなりに選べる。

 このように、コロナ禍によるテレワークの普及は、図らずも都心一極集中の流れに変化をもたらしそうだ。

 ただし、都心にある会社に勤務するサラリーマンのうち、日常業務をテレワーク主体へと移行する人々の割合は、全体の1割もないはずだ。出勤した場合と比べて遜色なく仕事をこなせるのは、しっかりと自分が管理できて職能水準が高い人々である。だから依然として都心立地のマンションへの需要も衰えないだろうが、全体から見ればわずかとはいえ、今までとは違った動きが起こることは十分に想定できる。

NEWSポストセブン

태그

블로그 보관함

最近の投稿