Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

緊急事態宣言中に毎日1作 コロナ「明けない夜はない」

緊急事態宣言中に毎日1作 コロナ「明けない夜はない」

45日間、アトリエにこもって制作してきた「監禁芸術」について語る小川貴一郎さん=兵庫県西宮市

 新型コロナウイルスの影響でフランス移住の予定を延期せざるを得なくなったアーティストが、緊急事態宣言発令中の45日間アトリエにこもり、毎日1作ずつ作品を制作した。服にペンキで絵を描くという独特のアートで注目され、伊高級ブランド「フェンディ」のバッグデザイナーにも選ばれた小川貴一郎さん(49)=兵庫県西宮市。自分と向き合う「監禁芸術」の最後を飾る45作目には「明けない夜はない」との思いを込めた。(古野英明)
うごめくウイルス?
 約1・5メートル四方のキャンバスを埋め尽くすハートや円形の模様。滴り落ちるに任せた赤いペンキが不気味さを増す。まるでウイルスがうごめいているように見える。兵庫県の緊急事態宣言が解除された5月21日、小川さんが約2時間をかけて制作した45作目だ。
 もともと赤はなく、下には別の絵があった。「赤い模様を入れただけで、裏にどんな絵が描かれていようが、人々の目にはコロナしか見えなくなる」と小川さん。新型コロナの不安に覆われる世間を象徴しているという。
 小川さんはいつも音楽をかけながら絵を描く。音楽からもインスピレーションを受けながら、自らの内にある衝動を、書道のように一気呵成(かせい)に描き上げる。
 45作目を制作中に流していたのは、中学生時代によく聴いていたドイツのアーティスト「Die Partei」の「グーテン・モルゲン・イン・ケルン」。この曲名が絵のタイトルになった。
 曲調について「科学実験でウイルスを採取しているような感じで、聴いていると気がめいりそうになる」としながら、「でも決してネガティブな曲ではなく、独語の『おはよう』というタイトルからは『夜明け』や『雪解け』といった希望も感じさせる。そんな曲です」。そしてこの絵からも、コロナ禍の先にある「希望」を感じ取ってほしいと願う。
運命的な出会い
 6歳のころ、パンクロックに興味を持った。ミュージシャンのファッション、特に骸骨を描いたライダースジャケットに魅せられた。デニムのジャケットに漂白剤で色抜きをする方法で骸骨の絵を描いたところ、「魂が震えるような衝撃」を受けたという。
 以降、服や壁、家具をキャンバスにペンキなどで絵を描くように。「家中のものに描きまくり、母によく怒られた」
 大学卒業後、大手住宅メーカーに勤めながら創作活動を続けたが「生活は安定するが、(創作活動が)中途半端になる」と平成28年に退社した。
 その直後、運命の出会いがあった。仏高級ブランド、ルイ・ヴィトン傘下のクリスチャン・ディオールが京都で開いたパーティーに招かれ、コラボレーションを持ち掛けられたのだ。
 この話は立ち消えになったが、このときの社長が同じヴィトン傘下のフェンディの社長に転じ、30年に小川さんがパリで初の個展を開いたとき、「世界で5つしか出さないバッグのデザイナーの1人を務めてくれないか」とオファーを受けたという。
外出自粛「楽しい時間」
 こうした縁もあって、小川さんはパリ移住を決意。5月8日にフランスへ渡る予定だった。ところが新型コロナの影響で延期に。4月7日の緊急事態宣言以降、外部との接触を絶ち、宣言解除の日まで1日1作を制作する「監禁芸術」に取り組んできた。
 「余計なことを考えずに自分と向き合うことができ、楽しい時間だった」
 パリ移住は今冬までにと考え、今月13日から28日までは「六甲山サイレンスリゾート」(神戸市灘区)で個展を開く。「監禁芸術」を含む約20点を展示する予定だ。
産経新聞

태그

블로그 보관함

最近の投稿