Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

阪神西勇輝が古巣手玉「1週間で詰める」開幕へ上々

阪神西勇輝が古巣手玉「1週間で詰める」開幕へ上々

オリックス対阪神 1回裏オリックス無死一塁、アデルリン・ロドリゲスを三塁ゴロ併殺に打ち取った阪神先発の西勇は笑顔で球審からボールを受け取る(撮影・前岡正明)

<練習試合:オリックス3-3阪神>◇12日◇京セラドーム大阪

阪神西勇輝投手(29)が開幕デモ投で主軸をなで切った。オリックス戦に先発して5回1失点にまとめ、3番吉田正、メジャー通算282発の4番ジョーンズをともに2三振など7三振を奪った。2年ぶり2度目、移籍後初めての開幕投手に向けた最後のマウンドでいつもの笑顔も全開。準備は整った。19日の開幕戦では巨人のエース菅野と敵地で投げ合う。

   ◇   ◇   ◇   ◇

5回2死一塁、マウンド上の西勇は笑みが絶えなかった。打席にはオリックスの4番ジョーンズ。初球、内角低めのチェンジアップで空振りを誘うと、3球目は外角いっぱいにスライダーを決めて見逃しを奪った。最後は内角低めのシュートで見逃し三振。翻弄(ほんろう)された助っ人は諦めたようにバットを回し、苦笑いを浮かべてうつむいた。

「できたこと、できなかったことはありますが、開幕まであと1週間あるので、この1週間で詰めていければと思います。全体的に悪くはなかったと思います」。西勇の口ぶりは控えめでも、5回6安打1失点、7奪三振には内容があった。開幕戦へ上々のデモンストレーションとなった。

持ち前のコントロールを新助っ人に見せつけた。初回を7球で終え、2回先頭でジョーンズを迎えた。初球は内角高めのシュート、2球目は外角低めのチェンジアップと内外に投げ分けて追い込み、最後は外のスライダーで空振り三振。第2打席も中飛に打ち取って3打数無安打と、メジャー通算282本塁打のスラッガーに仕事をさせず。3番吉田正からも2三振を奪うなど主軸を手玉に取った。

実戦では毎回新たな配球を試して投球の幅を広げながら、安定した結果も残し続けてきた。開幕前最後の練習試合は古巣戦。相手先発は同じく開幕投手の山岡だった。「練習試合ですがオリックス時代からずっと仲良くしていますし、見てきた後輩なので、一緒に投げられて良かったですし、立派なエースになったなと思います」。かわいがってきた後輩との投げ合いは、いい刺激となったようだ。

チームは9、10日の敵地広島戦で計23失点するなど大敗。シーズンの成績には関係ないが、好投で悪い流れを止めた。開幕延期となっても、開幕投手を1度も変えなかった矢野監督も安心して送り出す。「6・19」はともに自身初となる開幕白星、巨人戦白星を懸けてマウンドに立つ。「オープン戦、自粛期間を含めここまでけがなく順調に来ることができました。開幕までの残り1週間も気を引き締めて過ごしたいです」。開幕G倒へ、不安要素はない。【磯綾乃】

▽阪神矢野監督 (調子が)良くもないのかなという感じに俺は見えたんだけど、そこでこう抑えてくれるのは1年間投げてくれる、任せられる投球だったなと思う。

◆オリックス時代の西勇の開幕投手 18年3月30日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で初の大役を任された。千賀と真っ向から渡り合い、7回まで両軍無得点。8回1死満塁とされ、柳田に左中間を破られる決勝2点二塁打を許した。このまま0-2で敗戦。試合後「何とか最後まで粘りたかった」と悔しがった。

日刊スポーツ

태그

블로그 보관함

最近の投稿