Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

長崎県、議事録作成せず コロナ対策本部と有識者会議「発言者の個人情報」

長崎県、議事録作成せず コロナ対策本部と有識者会議「発言者の個人情報」

長崎県庁=長崎市尾上町で2019年3月1日、加藤小夜撮影

 新型コロナウイルス感染症対策を検討するため非公開で開催している長崎県の対策本部会議と有識者会議について、県が議事録を作成していないことが毎日新聞の情報公開請求で判明した。詳細な議事録がなければ県のコロナ対策の検証が不十分になる恐れもあり、議論を呼びそうだ。

 県は新型コロナに対応する主な会議として、知事や部局長が出席する対策本部会議と、感染症の専門家らによる有識者会議をいずれも非公開で設置。4月に県内で感染者が相次いで判明した際や、クルーズ船「コスタ・アトランチカ」内での集団感染の発覚時などに開かれた。一方、実務者による対策推進会議は報道陣に公開している。

 毎日新聞がこの三つの会議について県に議事録の開示を求めたところ、いずれも議事録は残されていなかった。県は発言者が特定されず、議論のテーマと決定事項だけが記された「議事概要」だけを作成していた。

 県のコロナ対策の担当者は取材に「政策決定前の発言者の特定は個人情報に関わるため、詳細な記録は残していない。ただ、議会への説明もあるので概要は作成した」と説明した。

 議事録を巡っては、政府が新型コロナ対策を検討する専門家会議などで議事録を作成していなかったことが判明。情報公開に詳しい専門家らは「議事録がなければ対策を検証できず、今後の施策にも生かせなくなる」などと政府の対応を批判している。【今野悠貴】

毎日新聞

태그

블로그 보관함

最近の投稿