Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

新鍋理沙が引退で大ピンチ。中田ジャパンはでっかい穴をどう埋めるか

 長らく女子バレー日本代表を支えてきた新鍋理沙が、6月30日付で現役を引退することを発表した。

 身長175cmの新鍋はサイドアタッカーとしては小柄だが、攻撃は切れ味鋭く、何より安定感がある守備が最大の武器だった。ライト(セッター対角)で起用される彼女がサーブレシーブに入ることで、それを免除されたエース格の選手が攻撃に専念することができる。まさにチームの屋台骨を支える選手だった。

新鍋理沙が引退で大ピンチ。中田ジャパンはでっかい穴をどう埋めるか


現役引退を発表した新鍋理沙

 新鍋がブレイクを果たしたのは、久光製薬スプリングス2年目の2010-11シーズンでのこと。開幕からレギュラーとして活躍を続けて最優秀新人賞を受賞すると、20歳にして日本代表に初選出され、2012年のロンドン五輪にも出場した。

 準々決勝の中国戦では、木村沙織、リベロの佐野優子らとサーブレシーブを担いながら、チーム3位の9得点を記録する。普段はおっとりした印象の新鍋が、この試合では叫び声を上げながらスパイクを打ち抜くなど、気迫あふれるプレーで勝利に大きく貢献した。準決勝ではブラジルにストレート負けを喫したものの、新鍋は韓国との3位決定戦でも活躍し、チームは28年ぶりとなる銅メダルを獲得した。

 帰国後は久光製薬の中田久美監督に”攻守の要”として重用された。一時はケガの影響などもあって日本代表から離れたが、リオ五輪後、中田監督が代表監督に就任するとともに復帰を果たす。新鍋はのちのインタビューで、その時のことを「久美さんが代表監督にならなければ、バレーをやめようかと思っていました」と涙ながらに語っている。

 新鍋は、中田ジャパンが掲げるテーマ「ワンフレームバレー(サーブレシーブを高く上げすぎずにセッターに返し、トスも速くして相手ブロックが完成する前に攻撃を仕掛けること)」に欠かせない選手だった。2017年のアジア選手権では優勝の原動力になり、MVPを獲得。攻撃力には陰りが見え始めていたものの、東京五輪でも主力として活躍すると思われていただけに、突然の引退発表に驚いたファンも多いだろう。

 五輪開催まで約1年。新鍋が抜けた大きすぎる穴を、中田監督はどう埋めていくのか。新たにライトで起用されそうな選手としては、まず昨年シニア代表に初選出されたばかりの22歳、長内美和子(日立リヴァーレ)が考えられる。

 2019年のワールドカップでは主に「2枚替え」要因として起用され、格下のカメルーンとアルゼンチンとの試合では新鍋に代わりスタメンで出場した。力強いジャンプサーブとスパイクが持ち味で、これまでは男子でいう「オポジット」のようにサーブレシーブに入らず、攻撃専門でプレーすることが多い。

 また、長岡望悠(久光製薬スプリングス)の復帰もあるかもしれない。ライトに適したサウスポーで、実績からしても本来であれば適任なのだが、2018年12月に2度目の左膝前十字靭帯を損傷したことで代表から外れてしまう。しかし東京五輪の開催が1年延びたことで「復帰への時間」ができた。しっかりリカバリーして代表に戻ることができたら、バックアタックも大きな武器になるだろう。

 黒後愛(東レアローズ)をライトに置く選択肢もあるが、そのチームメイトで、昨年のW杯で鮮烈なデビューを飾った20歳の石川真佑を起用する可能性もある。石川の本来のポジションはレフトだが、東レの内定選手として出場した昨年のVリーグファイナルでは、ライトとしてもフル出場している。その際はサーブレシーブも担っていたものの、やはり攻撃に重心を置くことになるはずだ。

 中学まで速い攻撃を得意としていた石川は、木村沙織荒木絵里香(トヨタ車体クインシーズ)、黒後らを輩出した下北沢成徳高校で高いトスを打ち抜く力をつけた。昨年度はB代表として出場したアジア選手権でもMVPを獲得するなど、身長173cmながら高い得点力があることは魅力だ。

 守備力を重視してオールラウンダーの鍋谷友理枝を起用することも考えられるが、一方でライトに攻撃専門の選手を入れ、黒後と石井優希(久光製薬スプリングス)、もしくは古賀紗理那(NECレッドロケッツ)でレフト対角を組む”超攻撃的”なバレーの質を高めていく必要もあるだろう。その場合はレフトの2選手がサーブレシーブを担うことになるため、新鍋がいた時のような「速いバレー」をある程度は諦めざるを得ない気もするが……。

 重要なピースが抜けたチームを、あと1年でどのように仕上げていくのか。中田監督の采配に注目が集まる。

Sportiva

태그

블로그 보관함

最近の投稿