Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

『おっさんずラブ』に続け! イケメンばかりの「タイBLドラマの世界」

『おっさんずラブ』に続け! イケメンばかりの「タイBLドラマの世界」

『Love By Chance』のワンシーンより(株式会社アクロス提供)

 個性豊かなイケメンたちが繰り広げる、思わずキュンとくるシチュエーション、ストレートなセリフが視聴者の心をわしづかみ。タイだけでなく、全世界でハマる人が急増中。そんな『タイBLドラマ』の魅力に迫る。

「俳優がみんな可愛くて、お話もキュンキュンします!」

甘酸っぱいBLにキュンキュン

 タイBLドラマ歴2年の淑子さん(仮名・30代会社員)は多くの画像とともにそう記者に力説した。淑子さんのイチオシ作品は『SOTUS』。伝説とも言われるヒット作で、現在でも人気が高い。

 “BL”とは“ボーイズ・ラブ”の略で、男性同士の恋愛を描いた小説や漫画のこと。タイには1990年代にBL小説やBL漫画が輸出され、現在では同国のオリジナル作品も数多く出版されている。

 アジアのBL事情について取材を続ける朝日新聞の守真弓記者によると、

「タイでは5年ほど前からBLドラマが放映されるようになり、若い女性を中心に絶大な人気があります。その人気はタイ国内だけでなく、アジア各地に広がっています」

 日本でも男性同士の恋愛をテーマにした『おっさんずラブ』('18年)が一大ブームを巻き起こした。“タイBLドラマ”はそれに次ぐ旋風を巻き起こしつつある。

「新型コロナウイルスのステイホームでたまったストレスを忘れたい、そんな心理にスッとハマったのでは」

 と福島大学の前川直哉特任准教授(ジェンダー研究)は分析する。

 BL事情に詳しいジェンダー研究者の堀あきこさんは、

「『2gether』という作品が起爆剤になったと思います。“タイドラマを見る”というのはハードルが高いですよね。でも、SNSで作品の画像が流れてきて、“このカッコいい2人は誰?”と興味を持ち、アクセスした人も多かったのではないでしょうか」

 ではなぜ、タイBLドラマが私たちの心をつかむのか。第一はクオリティーの高さ。

「現在、タイ国内では年間20本近くの作品が作られており、内容も急速に洗練されています」(前出・守記者)

 毎シーズン何作品か放送、配信されており、BLはもはや特殊な設定ではない。そのため質が問われるという。

 次に感情を揺さぶる演技力とストレートなセリフ。

 ブログ『タイドラマファン』でタイBLドラマの魅力を発信するbebeさんは、

少女マンガから出てきた王子様みたいな男の子たちが演じているのがとてもいい。相手を好きな気持ちをストレートな言葉で伝えているので、すごくキュンとします!

 俳優陣の多くは10代後半から20代前半のほぼ新人だが、徹底した演技指導でそれを感じさせない。高い演技力が視聴者を引き込むカギとなる。

 そして作品の選択肢が豊富なこと。甘酸っぱい青春純愛、不器用な片思い、ドキドキする濃厚ラブシーン。俳優陣のルックスもさまざま、好みの作品がきっと見つかる。

 主人公たちを囲むサブキャラクターたちも立役者だ。複数の恋愛模様が同時に展開されることも。堀さんが解説。

主人公たちの恋愛を邪魔したり、応援したり、周囲の設定も作り込まれているので作品に説得力があります

 ハマったら抜けられないため自嘲的に“”にたとえられるが、それだけの魅力を秘めている。その原動力は冒頭の淑子さんのようなファンの口コミなのだ。作品を応援したい、多くの人に知ってもらいたいと有志が集まった非公式ファンクラブの活動もある。

BLドラマファンの「愛」がすごい!

 そのひとつ『2GETHER the series JapanFC』では、

活動はボランティアで作品や俳優のインタビューに日本語字幕をつけたり、各種出演情報などを投稿します。今後は主演の2人を中心にバースデーイベントの企画や、俳優陣がファンミーティングで来日すればそのサポートもしたいと考えています」(担当者)

 ファンひとりひとりの作品、俳優への愛が人気を支える。

一緒に盛り上げたい。私たちは作品が大好きなんです」(bebeさん)

 タイBLドラマを日本で視聴するには、ドラマ公式ユーチューブチャンネルや有料の配信のほか、DVDがある。いち早く作品の日本語版販売に踏み切った株式会社アクロスの松メイさんは、

日本ではまだ知らない人もいますが、注目度は上がっています。今後も新たなコンテンツの展開を続ける予定

 作品は社会をも動かす勢いをみせる。前出・守記者は、

「タイでも同性愛への差別や偏見がなかったわけではありませんがドラマを通し受け入れられてきたように思います」

 前出・前川さんも、

「私自身もゲイ男性ですが、タイBLドラマはゲイ男性もハマっている印象があります。描かれる心理やシチュエーションはゲイ男性として共感できるものも少なくありません。社会へのメッセージ性、同性愛嫌悪の問題なども単なる作品の味つけ、設定とされるだけでなく、繊細にきちんと描かれています」 

 前出・bebeさんは、

BLドラマを見るまでLGBTや性的マイノリティーのことは知りませんでした。ドラマにはトランスジェンダーの人、レズビアンの人も多く登場します。性的マイノリティーについて考えるきっかけになりました」

 ファンタジーであるBLドラマの世界、アクセスするきっかけはひとつではない。

「作品はいろんな楽しみ方ができると思います。作中の音楽、衣装、文化。タイは大学に制服があり、放課後や寮では私服。そのギャップが非常にいいです。屋台の食事や街並み、日本とは違う文化も見どころ」(前出・堀さん)

 ファン層は圧倒的に女性だが、その魅力は国、性別、年齢を超え世界中へと広がる。お気に入りの作品を見つけ、そのよさを発信したい。

初心にも者おすすめ『2gether』

 全13話。5月16日に最終回を迎えたばかりの注目作品。主人公のタインはしつこく言い寄ってくるグリーンから逃れるため、学校一のイケメン、サラワットに偽の彼氏になってほしいと依頼するところから物語が始まる。

「BLの王道展開の作品なんですが、そこがまたいいんです! 主人公たちだけでなく、ほかのカップルたちも物語につながり、キャラクターの幅が広がっています。つらいシーンもありましたが、ラブラブな萌えるシーンもとても多いです。

 BLと気負わず、まずはエピソード1を見ればハマります。主人公たちのルックスもよくて、ほかのカップルたちのキャラクターもとてもいい。ストーリーも面白いです。

 見てほしいのがエピソード2。タインがサラワットに近づくために、彼が所属する軽音部の入部試験を受ける場面です。4/4パートでは楽器初心者のタインに先輩が質問を投げかけていく。そのときのタインの答えは、サラワットの心を動かし、2人の関係を左右していく。ぜひ、見てもらいたいです!」(『2GETHER the series JapanFC』担当者)

「主人公たちに純粋に人を好きになる気持ちが表れていてとてもいい作品です。お話のほかに作中の音楽もとてもいいんです。この作品で流れる曲は日本でいう『スピッツ』のようなさわやかな雰囲気。タイBLドラマ初心者やBLを知らない人にもおすすめのドラマだと思います」(bebeさん)

ファンがすすめるイチオシ5選

Love By Chance('18年)

「偶然出会った2人は互いに惹かれながらも、主人公は相手の将来なども考え身を引こうとします。主人公は自信がないから“自分は幸せになんてなれない、なっちゃいけない”と予防線を張るんです。でも相手はどんどんアプローチしてくる。同性同士の恋愛をめぐる葛藤も描かれ、とても突き刺さりました。2人にはもう幸せになってほしい、2人が幸せならそれでいいと思って見ています。登場人物たちの心理描写がとても繊細でリアル。ゲイ男性でなくても多くの人が共感できる作品だと思っています」(前川さん)

「日本で初めて公式DVD-BOXが発売された作品です。放送当時、タイ国内でも爆発的人気となり、私自身もリアルタイムで視聴していました。偶然の出会いから始まる、大学生たちのピュアで甘酸っぱい恋愛が描かれ、まさに青春を感じさせる内容となっています。出演者たちのフレッシュな演技にも注目してほしいです」(松さん)

He's Coming To Me('19年)

「幽霊と大学生のファンタジードラマ。今いちばん好きな作品です。大学生には霊感があり、彼のことが見えるんですが、幽霊なので触れることはできません。将来の見えない組み合わせ、触れられないもどかしさを伴って恋愛は進む。

 恋愛は“その人が幸せであることを望む”ことに行きつくと思うんですが、作品では大学生の母親が息子のカミングアウトを受けて、何度も“私はあなたを愛してる。何の問題もない”“あなたが幸せであればいい”と。親子でも同性でも人を好きになるということは“その人が幸せであることを祈る”ということ。その心情が作中では、何重にもわたって描かれています」(堀さん)

SOTUS('16年)SOTUS:S('19年)

「日本でも大ヒットした名作。『SOTUS』という上級生による教育制度がある大学の工学部に入学した主人公は、上級生たちの威圧的な態度や理不尽さに疑問を投げかける。するとリーダーの先輩に目をつけられてしまうのだが……。

 作品が進むにつれ、先輩の厳しさの裏側にある思いも明らかになり、2人の関係も恋愛に発展していく。ハラハラも胸キュンもある心揺さぶられる感動作。本編から数年後を舞台にした続編では社会人と学生に、立場が変わった2人の関係も描かれている」(編集S)

2Moons:The series('17〜'20年)

「大学のミスターコンテストを舞台にした青年たちの物語です。主人公は高校時代から片思いをしている先輩を追いかけて、彼と同じ大学に入学します。コンテストを通じて2人が仲よくなっていく話です。主人公の一途さがとてもいい。

 片思いから両思いに発展する過程が見どころです。実は……という驚きの展開も! とてもいい作品です。シーズン1、2でキャストが一新され、今年シーズン3も放送予定です。またSNSもにぎやかになりそうです」(bebeさん)

Until We Meet Again('19年)

「『Love By Chance』制作陣による最新作で、前世で悲しい結末を迎えたカップルが生まれ変わり、現世で再会することから繰り広げられる感動のラブストーリーです。青年たちの恋愛だけでなく社会や家族の愛も丁寧に描き、これまでのBL作品とは一線を画しています。

 出演者たちの高い演技力や綿密に練られたストーリー、息をのむほどの映像美が魅力です」(松さん)。

 7月に全17話と特典映像が1時間入ったDVD-BOXが発売予定。今年3月には出演俳優らとのファンミーティングも予定されていたがコロナ禍で残念ながら中止に。

週刊女性PRIME

태그

블로그 보관함

最近の投稿