Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

残留or放出 “人員過多”のバルセロナ中盤を現地紙が去就予測、主力も退団候補か

残留or放出 “人員過多”のバルセロナ中盤を現地紙が去就予測、主力も退団候補か

多くの優秀なタレントが顔を並べるバルセロナの中盤メンバーたち【写真:Getty Images】

セルジ・ロベルトとブスケッツは残留が有力視

 2020-21シーズンを前に、バルセロナの中盤がオーバーブッキング状態だ。スペイン紙「スポルト」がレンタルバックなどを含めて最大12人にまで膨れ上がりそうなバルセロナのMF陣に注目。残留か放出か、選手の去就について考察している。

 バルセロナの中盤には下部組織出身者も多く、優秀なタレントが多く揃っている。しかし、それゆえに限られた枠を争うポジション争いも過熱。期限付き移籍している選手が復帰すれば、中盤の選手は最大で12人となるため、オフには戦力の見極めが必要となる。

 そうしたなか、現時点で来季の戦力として確実視されているのは6選手。右サイドバックとしても重宝されるスペイン代表MFセルジ・ロベルトは「95%残留」と予想され、リーダー格のスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツも移籍の可能性が低いと見られている。

 昨夏の目玉補強だったオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨンクは完全に期待に応えたとは言えないと指摘されているが、こちらも残留が濃厚。「爆発の時が来ることを誰も疑っていない」と大きな期待を懸けられている。

 今年1月に獲得が決まったブラガのU-21ポルトガル代表MFフランシスコ・トリンコンはまずはプレシーズンに合流して、その実力が見極められることになるだろう。獲得に3000万ユーロ(約35億円)を費やした期待の逸材だ。

 そして、いずれも下部組織出身のMFリカルド・プイグとMFカルロス・アレニャの2人は来季トップチーム入りが予想されている。アレニャはベティスからレンタルバック、プイグはBチームからの昇格となりそうだ。

残留or放出 “人員過多”のバルセロナ中盤を現地紙が去就予測、主力も退団候補か

バルセロナの下部組織出身のMFリカルド・プイグとMFカルロス・アレニャ【写真:Getty Images】

ビダルとラキティッチは年齢と高額年俸の観点から移籍濃厚か

 残りの6選手に関しては、放出の可能性があるようだ。まずは間もなく33歳を迎えるベテランのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル。高額サラリーもネックとなっており、すでにインテルからの関心が伝えられている。

 以前から移籍の噂が絶えないクロアチア代表MFイバン・ラキティッチは、「バルセロナにとっての問題」となっている。記事では、年齢や給料の点からビダルと似たシチュエーションに置かれていると指摘。ただし、本人は古巣セビージャ以外への移籍は望んでいないという。

 ブラジル代表MFアルトゥールは本人が残留を希望している一方で、クラブとしては売却も考えるなど去就は不透明。1月にパルメイラスから獲得し、即バジャドリードに期限付き移籍となったブラジル人MFマテウス・フェルナンデスは再びレンタルに出されることが濃厚とされている。

 そしてバイエルンにレンタル中のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョに関しては、バルサは売却を望んでいるという。ただし、移籍金が高額なこともあり、買い手が見つかる可能性も低いため、その場合は再びバルサでアピールのチャンスを与えられることになりそうだ。

 そしてセルタからレンタルバック予定のブラジル代表MFラフィーニャについては、そのまま新たな移籍先を探す可能性が高いという。

 今夏は新型コロナウイルスのパンデミックにより、新戦力の獲得も選手の売却も難しい状況が予想される。果たして、ポジション争いの激しいバルセロナの中盤で居場所を手にするのは一体どの選手たちとなるだろうか。(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web

태그

블로그 보관함

最近の投稿