Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

【首相記者会見全文】(13完)「大切なのは重症者に対処できているか」

【首相記者会見全文】(13完)「大切なのは重症者に対処できているか」

緊急事態宣言の延長を表明し、会見で国民に対しさらなる協力を呼びかける安倍晋三首相=4日午後、首相官邸(春名中撮影)

=から続く
 基本的対処方針等諮問委員会の尾身茂会長「それと、先ほどそういう中でも実は日本の死亡率は、これは一番のわれわれの目標は、全ての感染を知っているわけ、これはなかなか難しいですね。わかりませんが、死亡率という意味では、今のあれでも死亡のことはピックアップして、その死亡の数は、これはヨーロッパの方に比べても10分の1以下ということですから。必ずしもPCR、私自身はPCRをもう少し首相がこの前2万件とおっしゃった。そのぐらいまでは行った方がいい。それに今、努力をしてます。ただ、それと同時に私は専門家として一応技術としては、日本はPCRは最も少ない国の一つですけれども、人口当たりの死亡率、それから絶対数もヨーロッパの国より10分の1以下であるということは、これは事実です」
 尾身氏「しかしだからといって、今のPCR態勢がこのままでいいというふうに申し上げているんでは‥もう一つは、実はPCRというのはもう皆さんもご承知のようにやるのはそう簡単ではなくて、われわれが先ほど治療薬の話が出ましたけども、私なんかも治療薬の研究に直接かかわってませんが、この5月あるいは6月で臨床治験の結果が出る。それともう一つ非常に今のPCR関係で非常に重要なのは、迅速診断キットですね。抗原、これがまだ最終的な結果はありませんけど、これは簡単です。概況をとってできますから、実はこれは日本が実はインフルエンザでずっとやってきたあれなんですね。私はPCRはこれ補完的な関係ですから、この迅速診断キットというのが、私は、かなり期待してます」
 「もちろん、早計に簡単なことは言えませんけど、今われわれのところに入っているところでは比較的特にウイルスの排出が多い。これが一番感染をしやすいケースですよね。この人たちを探知するのは十分、もちろんPCRの方が感度がいいですよ。だけれども、感染の、症状の始まる前2日ぐらいが一番多いんですね。このレベルのウイルスだと引っかける可能性があるということで。私自身はPCRをもちろん、これからさまざまな困難がありますけど努力して、2万件のところまでとりあえず行くと同時に、迅速診断キットができると、かなり今の状況は変わるということがあるんで。この2つを見ながら、また死亡率はだんだん今、死亡者は上がってますから、死亡者をこのまま他の国に比べて少ないという維持をするためにはさまざまな努力が必要だと思います」
 首相「要はですね、今いわれたのは、1万5000とか2万あっても実際に実行したのは少ないんじゃないかと、私も確かにその通りだという印象を持ってますので。大切なことは何回も申し上げているんですが、お医者さまが必要と思われる方がPCR検査を受けられるようにすると、まだキャパシティの差がありますよね。ただ、この差があるんですが、一番の、先ほど申し上げました東京とか大都市において、これ地域によってよく見ていく必要があると思います。そのキャパシティに余裕があるということの中において、どうして、そこでお医者さんが実際に必要だというのにできなかったということについては、そういう対処をしっかりとやっていきたいという中において、先ほど申し上げましたPCRセンターを今度、東京で12、全国で20設けていくということになりますのでもっと進んでいく。また簡易キット等の導入を、尾身氏の方からもお話がありましたんで、進んでいくと思います。また感染状況の全体像を把握することにおいてはPCR検査だけでは全体像は困難でございますので、抗体検査を用いた疫学調査についても有意義な方法であると考えております。その中で、現在抗体検査キットの性能評価等を行っておりますがそうした結果も踏まえまして、今後速やかに疫学調査の実施に移っていきたいと思います。ただ、多くの国民の皆さまに誤解をいただきたくないのは、大切なのは、実際に重症になっている方の数、重症者に対して対応できているかっていうことと、死亡者の数なんだろうと思います。亡くなっている方については、欧米に比べてはるかに日本は少ないんですが、他の肺炎で亡くなっている方に、実はコロナで亡くなっている方が多く混じっているんではないかという疑問に対しては、日本はCTの検査をだいたい肺炎で亡くなる方については最終的には行っていて、新型コロナウイルス感染症が疑われるかどうかということについては、これも大変お医者さまにとっては直ちに判断がつくということでございますので、そういうことはないということではないかと思ってます」
=(完)
産経新聞

태그

블로그 보관함

最近の投稿