Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

県にひとりだけしかいない棋士・女流棋士は、どうやって師匠を見つけたのか

「栃木にはこんな戦法はない!」地方出身の棋士が全国大会でビックリしたこと から続く

 栃木県の長谷部浩平四段と愛媛県の黒田尭之四段、そして佐賀県の武富礼衣女流初段による《「県でひとりだけ棋士・女流棋士」座談会》。後半となる本稿では、棋士がいない県だからこその「地元での注目度の高さ」から聞いてみた。

県にひとりだけしかいない棋士・女流棋士は、どうやって師匠を見つけたのか

Zoom座談会の様子

「号外が出るのは、羽生さんと藤井くんと長谷部くんだけじゃない」

長谷部 三段リーグの最終日、プロ入りが決まった後に打ち上げがあったんですが、その席で理事の鈴木大介先生(九段)がネットを見て「号外が出ているよ」と教えてくださったんですよ。栃木の『下野新聞』が電子号外というのを出してくれて、鈴木先生に「棋士で号外が出るのは、羽生さんと藤井くんと長谷部くんだけじゃない」って言われました(笑)。

――地元紙の記者さんは、当日も取材されていたんですか?

長谷部 そうですね。将棋会館に詰めておられて、午前と午後の対局が終わるたびに「勝ったの?」と声をかけてもらいました。本人に直接聞くってすごいなと思いましたね(笑)。

 このとき『下野新聞』が出した電子号外は《長谷部さん(宇大4年、小山)がプロ棋士に 栃木県出身者で戦後初》というタイトルで、現在でもネットで見ることができる。こういった盛り上がりは、地元に帰ってからもあったそうだ。

 黒田さんも武富さんも、長谷部さんと同じように地方メディアで取り上げてもらったという。それに加えて、こんなエピソードを披露してくれた。

黒田 私の場合、地元の『愛媛新聞』が、自分の公式戦の結果をすべて紹介してくれています。

――対戦結果をすべてというのは、期待が大きいですね。

黒田 そうですね。ちょっと負けが込んでいるときは、しっかりせねばと思うのですが……。

知事とは何度もお会いしています

武富 私は、地元で祝賀会をやってもらったとき200人ほど集まっていただいたのですが、そこに佐賀県の知事も来ていただきました。それも含めて知事とは何度もお会いしています。

長谷部 これだけ知事と距離が近いというのは、棋士がひとりだけの県ならではですよね。

武富 そうですね。東京で棋士になっても、小池百合子さんとは何度も会えないでしょうからね(笑)。

長谷部 私は、支部の方が地元のホテルで祝賀会を開いてくださいました。それまであまり交流がなかったという県内の支部が、私がプロになったことで、横のつながりができたという話を聞いて嬉しかったですね。後は、小山市の市役所に表敬訪問もさせていただき、市役所にはオリンピックに出場する選手と一緒に垂れ幕も、出していただきました。

黒田 私の祝賀会には100人以上の方にご参加いただきました。全員私の知り合いもしくは地元の道場の関係者や常連さんで、地元の支えを改めて強く感じました。

都会出身の棋士と違うと感じるところ

 続いては「都会出身の棋士と違うなと感じるところ」を聞いてみた。すると武富さんは「女流棋士になりたての頃は、違うなということしか感じませんでした(笑)」と笑顔で語ってくれた。

武富 もっとも異次元だなと思ったのは、都会出身の人はみんな顔が広くて、先生方と気軽に話していることですね。とにかく先生方との距離が近い。高校1年生で高校竜王戦に出たとき、糸谷哲郎竜王(当時・現八段)が来られていて、こっちは「糸谷先生が来てる!」って舞い上がってサインしてもらっているのに、都会の人は気軽に話したりしてるんですよ。

栃木は県に一人しかいないのに……

――先日、棋士会のYouTubeで、糸谷先生と共演されていましたね。

武富 いやもう恐れ多いのですが、ほんとに3年前まではサインをもらっていたんですよ。今でもそれを忘れちゃダメ、麻痺しちゃダメだって、自分に言い聞かせているんですけど。私は棋士の先生がいるだけでびっくりなんですよ。今までお会いしたことのある先生もあまりいなくって……。なにもかもが新鮮です。

長谷部 その気持ちめちゃくちゃわかります。以前、蒲田の将棋クラブに行ったときに棋士がいっぱいいるんで……。

武富 びっくりしますよね。

長谷部 はい。栃木は県に一人しかいないのに、この中だけで何人いるんだって(笑)。

黒田 指導対局を受けても、大抵は一人か二人で来られることが多かったので、多人数の先生を一度に目にする機会というのはほとんどありませんでしたね。奨励会で将棋会館に行くようになって、多くの先生が棋士室で練習将棋を指している風景はとても新鮮に感じました。

武富 実際にプロの先生がいても、お名前がわからないときってありませんか?

長谷部 ああ、名前をあまり存じ上げないというか。

武富 棋譜とかで名前は知っていても、写真は昔の将棋年鑑とかでしか知らなくて。将棋会館のエレベーターで一緒になっても、事務の方なのか、棋士の方なのかわからなくてどなただったかな……って思っていたら、研修会指導をされる先生だったりすることがあります(笑)。

自分の将棋は独特かなと思います

――将棋の面でも東京の棋士とは違いを感じますか?

長谷部 地方にいると戦法とか戦術の面で情報が少ないので、私は独自の戦法をやることが多かったですね。奨励会時代、横歩取りとか角換わりの最先端の将棋の情報に遅れているという自覚があったので、それとは違うことをやろうとしていました。

――たとえばどういう戦法ですか?

長谷部 矢倉で古い形にしてみたりとか……。そう、古い棋譜をたくさん並べていましたね。今はAIがあって状況が違うんですけど、少し前は最先端の研究は、東京にいる人にどうしても遅れていました。あとVSなど、実際に対局して教えていただくこともなかったですね。ただ今は自分もちょっと変わっていこうと、東京に行って教えていただいたりしています。

黒田 都会の方は、研究会などで将棋を指して感想戦で情報を共有しあう形が一般的だと思いますが、地方にいる私の場合、実戦はネット将棋がメインです。ネット将棋だと終局後の感想戦もなかなかできないので、一般の棋士の方とは感覚が違うかな、自分の将棋は独特かなとは思っています。

出身地を書く欄に「栃木」って書いたら……

 ネット将棋が将棋の勉強の中心だったと語る黒田さん。長谷部さんも武富さんも、やはりネット将棋は、強くなるためのツールとして愛用していたそうで、その使い方の、ちょっとした「地方あるある」を話してくれた。

長谷部 私もけっこう「将棋クラブ24」というネット将棋で指していましたが、出身地を書く欄に「栃木」って書いたらすぐに僕だってバレました。

――栃木でこんなに強いのは一人しかいないって(笑)。

武富 ははは(笑)。私も佐賀にいたときはほとんどネット将棋でした。最初、設定が全然わからずに、「武富 佐賀」にしていましたね。レーティングを400点から1600点くらいにして、そこからアカウントを作り直したんですけど。

――じゃあ、24に出身地を書くと素性がバレるというのは、地方棋士あるあるですか?

武富 そうですね(笑)。

黒田 すぐにバレてしまうので、私は出身地を書かなかったですね(笑)。

多分、相手は知らないと思うのですが……

――ネット将棋がなかったらプロになれなかったと感じますか?

黒田 ネット将棋がなかったら実戦を指す機会はなかったと思うので、相当ハンデは大きかったかなと思います。ネット将棋では本田奎五段とか山本博志四段とは相当指しています。おそらく今までいちばん指した相手な気がします。こちらが一方的に相手のアカウントを知っていて、多分、相手は知らないと思うのですが……。

――本田五段は、黒田さんとそんなに指したことを知らない?

黒田 実際にお話ししたことがないのでわからないのですが、多分、知らないと思います。

――山本四段は、いくら名前を工夫しても、三間飛車しか指さないので戦法ですぐにバレちゃうと、ご本人もツイッターでおっしゃっていました(笑)。

武富 ふふふ。

――以前、山根ことみさん(女流二段)が「愛媛では黒田さんが唯一の相手だった」とインタビューで答えておられましたが、山根さんともかなり指しましたか?

黒田 小学生の頃から同じ将棋道場に通っていて高校も同じで彼女がひとつ下です。山根さんはあまりネット将棋を指さないので、山根さんから見れば、自分がいちばん指している相手になるかもしれません。

武富 山根さんには、女流棋士になったときから良くしていただいています。先輩なので恐れ多いですが、同じ地方出身ということも関係あるのか、すごく波長が合ってお仕事でご一緒するときはいつも楽しい。最初にお話ししたときは、「けん」という方言が通じることにお互い喜んでいました(笑)。

――長谷部さんはいちばん指した人は誰ですか?

長谷部 地元の道場で、奨励会に一緒に行った人ですかね。

武富 私は圧倒的に兄ですね。

――武富さんのお兄さんは、強いんですよね。

武富 アマ三段なんですが、県代表になって全国ベスト8にもなっているので、実際はもうちょっとあると思います。中学3年生くらいまで、土日は、朝から晩までお菓子をかけて指していました。いまでも社会人として指していますが、私の将棋にはあまり興味がないらしく、何か言われることはないですね(笑)。

「師匠は誰にするの?」と聞かれたんですよ

 この座談会で何度も話題にあがったのが、地方ゆえの対局相手を探す難しさ。こういった難しさは、師匠を探すことにもあるのだろうか。そんな師匠との出会いについて話していただいた。

長谷部 師匠(大平武洋六段)は研修会の幹事をしていたのですが、研修会のお弁当を変えたり、朝の開始時間が早いので遅くしたりと、いろんな合理的な改革を行ったんですよ。研修会の持ち時間も当時45分でしたが、これを使い切る研修会員ってほとんどいないので30分に変えたりして、すごいなと思うようになりました。それから将棋を見てみると、受け将棋なんですけど切れ味が鋭く、師匠をお願いしたいなと思うようになりました。

――どういう風にお願いしたんですか?

長谷部 師匠に「奨励会試験受けるの?」って言われて「受けます」って答えたとき、「師匠は誰にするの?」と聞かれたんですよ。このとき師匠はこちらの気持ちがわかっていたようで、僕が緊張して黙っていたら「師匠、俺でいいの?」って聞いてくれたんです(笑)。それで僕がうなずいた感じですね。

武富 恋愛みたいですね(笑)。

長谷部 僕はこのこと覚えてなかったんですけど、師匠が覚えていてくれて嬉しかったです。

ずっとお父さんみたいだった中田功八段

――黒田さんの師匠は、畠山鎮八段ですが、これはどういったご縁なのでしょうか。

黒田 ちょうど奨励会を受けようと思っていたとき師匠が松山に来られて、お話しする機会があったのでお願いしたんです。そのときに指導対局をしていただき、「これなら大丈夫」と言ってもらいました。

――兄弟子の斎藤慎太郎八段は、やはり優しい方ですか?

黒田 なかなかお会いする機会はないんですが、将棋の面でも人柄の面でも、すべてにおいて憧れの兄弟子という感じです。いつか公式戦で当たるのを目標にしています。

――武富さんの師匠は、福岡県在住の中田功八段ですが、やはり同じ九州というご縁でしょうか。

武富 小学3年生のときに、佐賀で行われた大会のゲストに中田先生が来られていました。私だけ女の子で目立っていたので声をかけていただいて、先生がご自宅で道場をやっておられたので「来ない?」と誘っていただたいたのがご縁の始まりですね。それから今の師匠にずっと将棋を教えていただいています。

――では、ずいぶんと長いお付き合いですね。

武富 ずっとお父さんみたいな感じでした。それで中学3年のとき、研修会に入るため師匠になってくださいと両親とお願いに行ったんですが、このとき厳しかったんですよ。「本当なの? 覚悟あるの?」「本当なら、すごく頑張らないとダメだよ。楽しいだけじゃやれないよ」と言われて。それまでは優しいばかりでしたが、師匠になってからは厳しい一面も少なくありませんね。

――兄弟子の佐藤天彦九段は優しいですか?

武富 本当に優しいです。というよりも紳士すぎて恐れ多い感じですね。みなさんが思われる天彦先生のままです(笑)。

プロ棋士は、勝つことが最大の恩返しとなる

 最後にこれからの目標をお聞きしたところ、みなさんが口を揃えて同じようなことを話したのがとても印象的だった。

 黒田さんは、地元の愛媛県で活動したいという気持ちはあるけれど、本当は地元に戻る暇もないくらいに活躍したい。大阪に住んでいないと対局に支障が出るくらいに勝ちたいと。

 武富さんは、ここ数年、大学進学を経て、いろんな経験を積むなかで何が大切かという優先順位がわかった。地元の普及も大切だけど、何よりの恩返しは対局で勝つこと。その優先順位を曲げずに頑張りたいと。

 長谷部さんも地元の支部の方々に「普及は僕たちでもできるけど、対局で勝つのは君にしかできない」と言われている。だからしっかり結果を出せるように頑張りたい――と口にされた。

 棋士が少ない県から、見事、プロになるという夢を叶えた3人は、もうその余韻に浸ることなく、次の目標をしっかり見定めていた。

 対局で勝って恩返しをする。

 プロ棋士は、勝つことが最大の恩返しとなる存在なのだろう。

 その恩返しへの道筋が、これからどのようにたどられていくのか、ぜひ注目したい。そして地元の方々には、恩返ししたいとがんばる若い棋士・女流棋士をいっそう応援してもらえたらと思うのだ。

(岡部 敬史)

文春オンライン

태그

블로그 보관함

最近の投稿