Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

真面目な夫を「通り魔に変えた」脳疾患の大恐怖

真面目な夫を「通り魔に変えた」脳疾患の大恐怖

71歳男性を変えてしまった「脳の病」の恐ろしさとは?(bee/PIXTA)
すべての家族が手を取り合って暮らせるわけではない。中には夫婦や親子同士で激しくいがみ合い、争いの末に事件や裁判にまで発展してしまう家庭もある。本連載では傍聴ライターとして長年活動し続ける高橋ユキ氏が、裁判の傍聴を通じて見えた「家族が抱える問題」について紹介していく。

初冬の夜。寝静まる商店街で新聞配達をしていた男性のところに、白いセーター姿の女性が駆け寄ってきた。

「知らない男に刺された」

見ればセーターは血で赤く染まっている。男性はすぐに110番通報した。犯人と思しき「知らない男」はすでに見当たらなかったが、翌日には逮捕された。商店街に取り付けられていた20台以上の防犯カメラにより、その姿が捉えられていたのだった。

犯人は71歳男性

2018年11月11日の午前3時半頃。横浜市神奈川区大口通の大口通商店街で会社員の女性(当時34)を刺した強盗殺人未遂の疑いから、神奈川県警は、近所の民家に住む無職・近江良兼(よしかね・当時71歳)を逮捕した。

通り魔による殺傷事件は、世の中に対する鬱憤を晴らすため、もしくは性的興奮を得るためといった動機が多いものだが、彼の目的は金だった。しかし、近江の家は金に困っているわけではなかった。事件から1年後に開かれた公判で、近江に金が必要だった理由と、長年連れ添った妻の苦悩が明らかになる。

真面目な夫を「通り魔に変えた」脳疾患の大恐怖

初公判は、事件からちょうど1年が経った2019年11月11日。強盗殺人未遂と銃刀法違反で起訴された近江被告は小さい体にグレーのスーツを着用しヨロヨロと被告席に座った。耳が遠く、補聴器をつけている。事件当日、持っていた包丁で被害女性の背中を刺した後、逃げる被害者を追いかけさらに背中や腹部などを刺し殺害しようとしたという。「間違いありません」と罪状認否で起訴事実を認めた。

証拠によれば、近江被告は20代で結婚し、父親と鉄工所を始める。30年ほど働いたが業績悪化により廃業。のちに病院の清掃など、ハローワークで見つけた仕事をいくつか転々とした。ところが2002年、くも膜下出血で倒れ入院。さらに2008年に髄膜炎に、2014年には脳出血を患い、足が不自由になる後遺症が残り、それからは歩行に杖を使うようになった。

証人として出廷した妻は、この3度の脳疾患の背景に「お酒の問題が関わっていると思います」と語る。真面目に仕事を続ける日々を送っていた近江被告は、休みの日の釣りに加え、酒とタバコを生活の楽しみとしていた。

ところが2014年に倒れた際、医師から「健康のために酒とタバコはやめたほうがいい」と忠告を受ける。それまで続けていた仕事も、後遺症のために辞めることにした。

病気により、酒とタバコという嗜好品、そして仕事を失った近江被告だったが、それまでの生活を変えることは難しかったようだ。妻がそれを知ったのは、近江被告が万引きをしたときだった。家計は妻が管理していたため、手持ちの現金も多くなかった。すでに複数回、万引を繰り返しており、コンビニを出入り禁止になっていた。妻の財布からも、たびたび金を抜いた。

「私は体のためを思って、なるべく長生きしていただきたいんですが、お酒を飲むと早く死んじゃうんじゃないかなと思い、飲ませていませんでした。でも、仕事も行かれなくなった。仕事一筋な夫は退屈、楽しみもない……。かわいそうだと考えて、週3回は飲めるようにしました」(妻の証言)

万引きしてでも酒を飲みたいと、我慢がきかない状態になっていたが、タバコについても同様だった。近江被告は週に数回、早朝に杖をついて散歩していたが、このときにただ歩くだけでなく、“シケモク”を拾って吸っていたことが発覚する。これも妻は「病気したんじゃ困る、本数は吸わないように1週間に1度1箱買って、軽いのを与えるように」したという。

酒代が原因で知人にけがを負わせたことも

ところがそれでも足りなくなり、酒代のために知人に借金をする。そのうえ、返済を求められた際、返せないからと知人に包丁を突きつけ、けがを負わせたのだった。

アルコール依存症なのではと疑い、通院をすすめていた妻だったが、近江被告は「そんなところに行くなら死んだほうがマシ」と取り合うこともしなかった。妻も、“適度に与える”という選択で、おおむね解決したと思っていたのかもしれない。しかしその後、近江被告は今回の事件を起こした。

夫が逮捕されたのち妻は、長年家族と一緒に住んだ家を売り、老後のための貯金あわせて1000万円を被害弁償にあてたという。妻は長男の住む家に身を寄せた。

犯行は計画的だったのか。凶器となった包丁は強盗を犯すために所持していたのか。

包丁を持ち歩く「意外な理由」

近江被告は被告人質問で「事件の1ヵ月前から、早朝の散歩に包丁を持ち歩くようになった」と語った。シケモクを拾う目的もあった早朝の散歩だったが、彼と同様に、シケモクを探す“ライバル”が他にもいたのだそうだ。被告はそれを「対抗者」と呼んで、包丁を携帯した理由を説明した。

「対抗者たちが拾っていくから喧嘩になるんだよ。トラブルになるかもしれない、それで包丁持つようになった」

あくまでもシケモク争いのトラブルに備えた自衛だとの言い分だ。しかし、弁護士から「強盗しようと思って行ったんじゃ?」と追及を受け「……ん、まあ、そうなんだけど」と言いづらそうに認め始めた。

なぜ、強盗しなければならないと考えたのか。それには近江被告の思い込みがあった。

「もう自分は仕事を辞めて金がないけど、タバコと酒をやりたいと妻には打ち明けられなかった。なんだろ……やっぱ、うちの家計状況もわかって、我慢しなきゃいけないんじゃないかと。金ないと思ってた」

家計は妻が管理しており、貯蓄もあったが、妻はこれを近江被告に話していなかった。言えば無心されると妻なりに考えた末だった。しかし、これが仇になってしまった。結局夫は、知人に金を無心してトラブルを起こし、強盗のための殺傷事件に手を染めた。

近江被告は被告人質問の最中、やにわに立ち上がり、傍聴席に座る妻の方を振り返り、大きな声で泣きながら言った。

被告:すいませんでした。どうもありがとうございます!!!

これにすかさず弁護人は尋ねた。

弁護人:本当に謝らなければならないのは誰に対してですか?

被告:……被害者ですね

近江被告は淡々と答える。

弁護人:知らない老人からいきなり刺された気持ち、わかります?

被告:怖いでしょうね〜。

どこか他人事の被告人に再度、弁護人は問いかけた。

弁護人:もしあなたの娘さんが被害者の女性と同じ目にあったらどう思う?

すると近江被告は答えた。

被告:殺してやりたい。

そういう思いがありながらも、金のために見知らぬ女性を傷つけた。検察官は「知人とのトラブルの時点で問題行動を把握し治療に取り組むべきだった」と近江被告に懲役16年を求刑し、のちに裁判所は懲役12年の判決を言い渡した。

近江被告に限らず、高齢の被告人は、万引きを繰り返すなどの問題行動を起こすようになることがある。大きな病気をした後に行動に変化が生じる場合もある。妻は、近江被告について「長い間、真面目に勤めてきた本当にいい夫だった」と語っていた。変化が起こったのは、脳疾患のあとだ。

脳疾患と「万引き」の関係性

介護ジャーナリストの末並俊司氏が指摘する。

「脳梗塞で認知症が進行するということがあり、これは脳血管性認知症といわれます。また認知症の方は、お店に入っても、お金を払ったと思い込んで品物を持って出たりします。盗みが良くないという社会通念が失われることがあり、周辺症状のひとつとして万引きが起こる場合があります」

年老いた伴侶が、そして自分の親が、徐々に欲望を抑えることができなくなり万引きを繰り返すようになったら……。依存症外来を進めても、近江被告のように拒否される場合もあるだろう。

「依存症外来の前に『もの忘れ外来』に一緒に行ってみることをすすめたいです。ただ、通院を嫌がる場合が多いので、そういうときは『最近私、物忘れがひどくなっちゃって』と、あくまでも自分の付き添いとして誘うと応じてくれることが多いようです」(末並氏)

検察官は論告で「家族も真剣に向き合うべきだった」と非難したが、妻はおそらく夫の脳疾患後の変化に困惑し、支え、彼女なりに解決策を模索していたはずだ。

東洋経済オンライン

태그

블로그 보관함

最近の投稿