Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

外出自粛、子供の室内のけが防げ 救急救命医がサイト

外出自粛、子供の室内のけが防げ 救急救命医がサイト

 新型コロナウイルスの感染拡大による休校や外出自粛で子供たちが家庭で過ごす時間が長くなり、室内でけがをするケースが増えている中、大阪の救命救急医が予防策などを紹介するウェブサイトを開設した。事故につながりかねない「ヒヤリ・ハット」の具体的事例を集めて保護者が情報を共有できる仕組みにもなっており、開設した医師は「日常に潜む危険を意識して、けがのリスクを減らしてほしい」と呼びかけている。(小川恵理子)
 外出自粛影響し増加か
 「換気のために開けていた窓から転落して腕や足を骨折」「親と一緒に料理中に大やけど」。サイトを立ち上げた犬飼公一医師(33)が勤務する堺市立総合医療センター(同市西区)に3、4月、室内のけがで搬送された事例だ。
 同センターで昨年の同時期に入院が必要と判断された子供は2人だったが、今年は6人に増加。犬飼さんは「外出自粛で屋外での事故は減っている分、家の中で過ごす時間が長くなり室内での事故が増えている」とみる。
 以前から、うつぶせ寝による窒息や食べ物をのどに詰まらせるといった室内での子供の事故の多さに心を痛めてきた犬飼さん。「誰かが注意していれば防げるケースも多いが、親も四六時中、子供の様子だけを見ていることはできない。事故に至らない『ヒヤリ・ハット』はさらに多いはず」と話す。
 幼い2人の子供を持つ自身も、長男が生後4カ月の頃、あおむけで寝かせていたのにいつの間にかうつぶせになり、タオルケットに顔が埋もれてヒヤリとした経験があるという。
 ヒヤリ事例を共有
 「事故を未然に防ぐために、ヒヤリ・ハットの事例の知識を保護者らと共有したい」と考えていたところに、新型コロナの感染拡大で休校が長引き、家庭での子供のけがが増加した。このため、4月にサイト「Save the Future(セーブ・ザ・フューチャー)」(http://www.savefut.com/)を立ち上げ、注意を促すことにした。
 サイトでは、室内の危険を確認するチェックリストを掲載。また、一般の人が書き込んだヒヤリ・ハットの具体的事例を年齢や状況別に分けて紹介するとともに、集まった声を事故が起きにくい商品改良につなげる提言も行っていく。ツイッターで「#セーブザフューチャー」のハッシュタグ(検索目印)をつけて事例を投稿すれば、それも集約するという。
 犬飼さんは「子育ての合間に気軽に書き込んだり、見てもらったりできる」としたうえで、「家の中で起きる事故のほとんどが予測できることを知ってもらい、室内の安全を見直してほしい」と訴えている。
 消費者庁もハンドブック
 子供の事故について人口動態調査をもとにした消費者庁の分析によると、平成22~26年に起きた子供(14歳以下)の不慮の事故死は2030件。最も多い発生場所は31%を占めた住居(家庭内)だった。低年齢になるほど、その割合が高かった。
 子供の不慮の事故死を死因別でみると、交通事故以外では窒息死や建物からの転落死、溺死などが多かった。窒息死事故では、自宅のベッドとマットの間に頭が挟まった▽2センチ大のボールを誤って口に入れた-などの事例があった。また、医療機関からは、たばこの誤飲、電気ケトルのコードを引っ張ってやけどを負った事例などが報告された。
 子供の不慮の事故を防ごうと、消費者庁は29年、「事故防止ハンドブック」を作成し、希望する自治体に配布。乳幼児健診や子育てイベントなどで活用されている。担当者は「ホームページでも公開しており、事故予防に活用してほしい」と話している。
産経新聞

태그

블로그 보관함

最近の投稿