Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

広島スコット「GoPro」で入念チェック 正面から初の投球撮影

広島スコット「GoPro」で入念チェック 正面から初の投球撮影

 マウンドへ上がって投げ込むスコット(撮影・立川洋一郎) (C)デイリースポーツ

 広島のテイラー・スコット投手(27)が7日、マツダスタジアムでの分離練習に参加し、投球練習を自身の小型カメラ「GoPro(ゴープロ)」で撮影した。投球後には肘の高さや角度などをチェック。スリークオーター右腕は肘の高さが調子とリンクするだけに、確認に余念がなかった。

 手のひらに収まる小型カメラ「GoPro」を、スコットは本塁ベース手前に設置した。7~8年から使用しているが、自身の投球をほぼ正面から撮影するのは、この日が初めて。これまでとは違った角度から見るのが狙いだった。

 「肘の高さを維持するのが重要で、下がると球が抜ける。思った球筋にはならないから」

 スリークオーター右腕は、肘の高さが調子とリンクする。不調時は肘が下がり、スライダーとツーシームの曲がり方が早くなってしまうのだという。「上からたたく」ように腕を振ることができれば、打者の手元で変化させることができる。

 守護神に最も近い存在。オープン戦、練習試合を通じて結果を残し、首脳陣の評価を上げた。「スライダーとツーシームが通用する」。3月21日の中日との練習試合では平田、武田、高橋を3者連続三振。左右関係なく仕留めてみせた。

 最近は球の両サイドがカットされた変則球「スピンチェッカー」でリリース時の感覚を確認。自宅ではヨガを取り入れ、柔軟性アップや肉体維持に励む。開幕が不透明な中で工夫を凝らして状態維持に努めている。27球の投球後は、すぐさまモニターで確認。「すごく気持ち良く投げられた」。開幕が待ち遠しい。

デイリースポーツ

태그

블로그 보관함

最近の投稿