Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

留学中断、悔しがる上智大生「不完全燃焼だ」…「全員留学」千葉大も渡航中止

留学中断、悔しがる上智大生「不完全燃焼だ」…「全員留学」千葉大も渡航中止

■大半が帰国/新規選考中止

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、日本人学生の海外留学に大きな影響が出ている。留学中だった学生の大半は帰国し、留学予定だった学生は渡航が困難な状態に。官民による留学プログラムは応募者選考を中止しており、日本人留学者数の増加傾向にも歯止めがかかりそうだ。

 「サークルにも入らず留学の準備を進めたのに、このままでは不完全燃焼だ」

 ルクセンブルクの大学に留学していた上智大4年の学生(21)は、そう悔しがる。文部科学省が民間とともに進める留学プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」の奨学金を受け、昨年9月から約1年間の予定で留学したが、感染拡大の影響で今年3月、上智大から一時帰国を指示された。

 帰国の際に航空機の経由地トルコで、外国人乗客は感染予防を理由に入国を拒否され、再びルクセンブルクへ。日本大使館の手配でパリ経由の航空券を手に入れ、戻ることができた。今は留学先の大学のオンライン授業を受けているが、再渡航の見通しは立たない。

 プロジェクト事務局は、4~10月に留学開始予定だった大学生約500人について、最大で来年3月まで開始を延期できるようにした。新規選考手続きは高校生、大学生とも中止。ホームページ上では、萩生田文科相名で選考応募者に謝罪し、「状況の収束後、再び海外へチャレンジを」と呼びかけた。

 日本学生支援機構が運営する国費による留学支援制度では、65か国・地域に約3300人が留学中だったが、既に大半は帰国。日本人学生の海外留学者数は、2018年度が約11万5000人(大学などが把握する留学者の総計)で、5年前の2倍近くに上るが、今後も増加傾向が続くかは不透明だ。

 留学が売りの大学も対応に苦慮している。千葉大は「全員留学」と銘打ち、海外400大学以上と協定を結んで、今春入学者から留学を必修化したが、当面は渡航を中止する。担当者は「今は自宅から、世界で起きていることに目を向け、留学の準備期間としてほしい」と話す。

 国際教養大(秋田)は学生に1年間の海外留学を義務づけており、今春も164人が渡航したが、多くは帰国した。担当者は「秋からの留学も見通せないが、今はオンライン授業を充実させ、グローバルな視野やコミュニケーション力を育成したい」と語った。

読売新聞

태그

블로그 보관함

最近の投稿