Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

ANA 機内や空港での新型コロナ感染予防策をまとめる 利用者が協力すべきポイントは?

ANAが利用者に対し、いつANA機は機内を消毒しているのかなど新型コロナウイルス感染拡大を予防する取り組みと、今後利用者はどのように飛行機に乗ればいいのか、といったポイントをまとめて紹介しています。

国際線機材では毎便 国内線機材では毎日消毒

 ANA(全日空)が2020年5月21日(木)、同社の利用者に対し、新型コロナウイルス感染拡大を予防する同社の取り組みと、今後利用者に協力してほしいポイントを、まとめて発表しています。

ANA 機内や空港での新型コロナ感染予防策をまとめる 利用者が協力すべきポイントは?

ANAの飛行機(2020年3月、乗りものニュース編集部撮影)。

 機内環境についてANAは、機内の空気は客室内に滞留せず常に天井から床下へ流れ、約3分で外気とすべて入れ替わる設計となっているといいます。加えて全機に高性能フィルターを搭載、これは、病院の手術室の空調設備で用いられるようなものと同等レベルのろ過機能を有するものとしています。

 このほか、ANAグループで運航するすべての飛行機に対し、国際線用機材は毎便、国内線用機材も毎日夜間に消毒を実施するほか、今後国内線運航便は毎便トイレの清掃、除菌を行っているそうです。

 またANAは空港、機内、ラウンジなどで常に衛生的で清潔な環境を用意するよう取り組むとしています。

 空港では、スタッフのマスクやフェイスシールドの着用、チェックインカウンターのビニールカーテンの設置、保安検査場入り口付近での検温実施といった、一部空港においてはすでに導入済みの対応を、順次拡大していくとのことです。

 機内では飲食物、機内販売や機内誌などのサービスを休止、または簡素化してのサービス提供をするほか、今後希望者にはテーブル使用の際などに、除菌シートを提供するといいます。

 ラウンジでは、飲食物を個包装で提供するなどサービスを制限、縮小するなどで対応、ラウンジや飲食物提供エリアの入り口に消毒液などを設置する取り組みを拡大していきます。

感染拡大を予防 ANA利用者が気をつけるポイントとは

 ANAは、新型コロナウイルス感染拡大を予防するため、あるいは空港および機内での利用者同士の不安解消のため、マスク着用を始めとした協力を呼び掛けています。

 予約時に、オンラインチェックインやほかの利用者の動向を見ながらの座席指定を推奨するほか、搭乗時にはスキップサービス、羽田空港などで運用されている自動チェックイン機、自動手荷物預け機がある場合、そちらを活用して欲しいとのことです。

 また、通過証や改札機の搭乗案内用紙を受け取る際には、平時のように地上係員からではなく利用者自身で受け取るよう要請しています。このほか、適宜手指の消毒や、係員の指示や表示にしたがい、利用者同士の間隔の確保に協力するよう呼び掛けています。

ANA 機内や空港での新型コロナ感染予防策をまとめる 利用者が協力すべきポイントは?

ANAが公開している「機内の空気の流れ」のイラスト(画像:ANA)。

 ANAによると「一部エリアで、全国で発出されていた緊急事態宣言の解除が見込まれているなか、今後安心、そして快適に航空機をご利用いただけるよう」このような発表を行ったとのことです。

 また同日には、同社国際線における6月16日(火)以降の運航スケジュールが発表。事業計画で発表されていた便数とくらべ、約90.8%が減便となっていた6月1日から15日までに対し、16日から30日は事業計画比約90.5%と若干の回復傾向が見られます。16日以降は、成田~ニューヨーク線が週1便から週2便へ、羽田~ロンドン線が週2便から週3便への増便が予定されています。

乗りものニュース

태그

블로그 보관함

最近の投稿