Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

キャッシュレス時代、財布にいくら入れてる? 世論調査が示す安心感「3千円未満=3%」一番多かったのは

キャッシュレス時代、財布にいくら入れてる? 世論調査が示す安心感「3千円未満=3%」一番多かったのは

キャッシュレス決済の対応機器=2019年10月1日、浜松市=朝日新聞

先行きの見えない新型コロナウイルスの影響。コンビニなどの店頭では、現金の受け渡しに抵抗がある人もいるようです。昨年10月の消費増税に合わせたキャッシュレス決済のポイント還元も追い風となり、現金を持たずに買い物ができるお店も増えてきました。日本人の現金離れは進んでいるのでしょうか。(朝日新聞記者・磯田和昭)

【画像】新千円札は「柴犬」です! 25万いいねを集めた伝説の「紙幣デザイン」

1万円なくても「安心」31%
「ふだん、現金が財布の中にいくらあれば、安心できますか」。2019年11~12月に実施した朝日新聞の世論調査(郵送)で、こんな質問をしました。1998年の面接調査でも同じ質問をしています。

     ◇

【ふだん、現金が財布の中にいくらあれば、安心できますか】
■3千円未満
・1998年面接(3%)
・2019年郵送(4%)
■3千円以上
・1998年面接(2%)
・2019年郵送(7%)
■5千円以上
・1998年面接(10%)
・2019年郵送(20%)
■1万円以上
・1998年面接(44%)
・2019年郵送(45%)
■3万円以上
・1998年面接(21%)
・2019年郵送(17%)
■5万円以上
・1998年面接(12%)
・2019年郵送(5%)
■10万円以上
・1998年面接(4%)
・2019年郵送(1%)
※その他、答えないは省略
※調査方法 郵送調査は昨年11~12月、全国の有権者から層化無作為2段抽出法で3千人を選び、郵送法で実施。有効回答は2055で、回収率は69%。面接調査は1998年3月、全国の有権者から無作為に選んだ3000人に学生調査員が個別に面接して調査した。有効回答は2211人で、回答率は74%。
※30代以下では半数、65歳以上は……の表

     ◇

郵送と面接では調査方法が違うので、単純には比較できませんが、「1万円以上」が、どちらの調査でも4割強を占めて最多でした。時代が平成から令和に変わっても、1万円がボーダーラインと考える人が多いことは、変わらないようです。

ただ、1万円より低い額でも「安心」という人の割合は大きく変わりました。「3千円未満」「3千円以上」「5千円以上」を合計した「1万円未満で安心」層は、1998年が15%に対して、2019年は31%とずいぶん増えています。

これに「1万円以上」を合わせると、2019年には76%に達しています。20年あまりの間に、財布の中身が薄くても安心できる人が増えていることが分かります。

30代以下では半数、65歳以上は……
2019年調査の回答を男女別にみてみます。

     ◇

■3千円未満
・男性3%
・女性4%
■3千円以上
・男性6%
・女性8%
■5千円以上
・男性15%
・女性23%
■1万円以上
・男性42%
・女性47%
■3万円以上
・男性22%
・女性12%
■5万円以上
・男性8%
・女性3%
■10万円以上
・男性2%
・女性0%

     ◇

「5千円以上」は女性の方が、「3万円以上」は男性の方が多いです。「1万円未満で安心」層は女性が35%で、男性の24%より高めです。

次に年代別にみてみます。

     ◇

■3千円未満
・64歳以下(4%)
・65歳以上(3%)
■3千円以上
・64歳以下(9%)
・65歳以上(5%)
■5千円以上
・64歳以下(24%)
・65歳以上(13%)
■1万円以上
・64歳以下(42%)
・65歳以上(49%)
■3万円以上
・64歳以下(15%)
・65歳以上(20%)
■5万円以上
・64歳以下(4%)
・65歳以上(8%)
■10万円以上
・64歳以下(1%)
・65歳以上(1%)

     ◇

「1万円未満で安心」層は18~29歳の50%、30代の49%と若年層では半数に達しました。

64歳以下をまとめると、37%。一方、65歳以上で「1万円未満で安心」は21%にとどまります。高齢層では依然、現金をもっていないと安心できないという傾向がうかがえました。

富裕層ほど手元に現金がないと心配、とは言えないようです。「経済的にゆとりがある」層(全体の23%)で、「1万円未満で安心」は28%、「ゆとりがない」層(全体の72%)の32%と、大きな違いはありませんでした。

キャッシュレス還元で恩恵を受けているのは
こうした傾向は、最近のキャッシュレス化の進展の影響なのでしょうか。2019年の郵送調査では、キャッシュレスの利用頻度も聞きました。

     ◇

【買い物のときに、現金を使わずカードや電子マネーで決済する「キャッシュレス」をどの程度利用していますか(2019年11月郵送)】
■よく利用している
・全体(28%)
・64歳以下(37%)
・65歳以上(13%)
■ときどき利用している
・全体(30%)
・64歳以下(32%)
・65歳以上(25%)
■あまり利用していない
・全体(15%)
・64歳以下(14%)
・65歳以上(17%)
■まったく利用していない
・全体(26%)
・64歳以下(16%)
・65歳以上(43%)
※「その他・答えない」は省略

     ◇

全体では、キャッシュレスを「よく利用している」が28%、「ときどき利用している」が30%でした。

ただ、「よく利用している」は64歳以下の37%に対し、65歳以上では13%にとどまり、くっきりした差がついています。

ポイント還元策の「効果」にも、年代差が出ていました。

     ◇

【消費増税後、キャッシュレスで買い物をすると、店によってはポイントが還元されるようになりました。このことで、あなたのキャッシュレスの利用はどうなりましたか。(2019年11月郵送)】
■増えた
・全体(23%)
・64歳以下(30%)
・65歳以上(12%)
■減った
・全体(1%)
・64歳以下(1%)
・65歳以上(1%)
■変わらない
・全体(68%)
・64歳以下(66%)
・65歳以上(71%)
※「その他・答えない」は省略

     ◇

ポイント還元策でキャッシュレス利用が「増えた」という人は23%で、「変わらない」が68%でした。とりわけ65歳以上で「増えた」は12%にとどまりました。

また、「経済的にゆとりがある」層の27%が「増えた」と答え、「ゆとりがない」層の22%より多い結果でした。高齢者や経済的弱者への恩恵は大きくないようです。

コロナ禍は、高齢者や経済的な弱者に、特に深刻な影響を及ぼしています。政府の打ち出す支援策がこうした弱者に行き届いているか、今後も注視していきたいと思っています。

withnews

태그

블로그 보관함

最近の投稿