Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

高校スポーツ中止にほっとするのはいけないこと? 米紙に載った2つの気になる見出し

「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回のテーマは「大会が中止になった高校生」について。

高校スポーツ中止にほっとするのはいけないこと? 米紙に載った2つの気になる見出し

多くの高校スポーツが打ち切りになる中、ある米紙に気になる見出しが並んだ

連載「Sports From USA」―高校スポーツ中止、米紙に載った2つの気になる見出し

「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回のテーマは「大会が中止になった高校生」について。

 ◇ ◇ ◇

 新型コロナウイルスの影響を受けて、ほとんど全てのスポーツが中止や中断になっている。

 インターハイや高校野球の全国大会も中止。無念、悔しさでいっぱいだろう。最終学年の選手ならば、なおさらやり切れない思いがあるはずだ。

 米国の高校スポーツも、日本とほぼ同じ状況だ。多くの州で、冬季種目は州の決勝大会などが打ち切りとなり、野球や陸上競技などの春季種目は中止になった。救済措置として何らかの大会を開くという手段もあるが、日本の高3に相当する12年生は、早いところではすでに卒業式を終えている。

 米国の高校生以下の子どものスポーツもほぼ全てが一時停止している。

 1か月前、ロチェスターシティー・ニュースペーパー電子版に、こんな見出しの記事が出た。「新型コロナウイルスでユーススポーツが追いやられた。私は心密かに喜んでいる」。「スポーツができなくなってしまった」と「心密かに喜んでいる」という2つの文章はつながらないはず……。ひっかかりながら読みすすめた。

 この男性記者は、13歳と11歳の息子がいる。2人の息子は野球とアイスホッケーをやっているが、新型コロナウイルスの影響で冬季種目のアイスホッケーは早めに終了してしまい、春季種目の野球シーズンは始まっていない。息子たちは、スポーツができない不満を父親であるこの記者に訴えた。彼らは防球ネットに向かってボールを投げたり、ローラーブレードを履いてスティックの操作をして遊んでいる。不満を漏らしていた息子たちだけれど、彼らの表情は、これまでになく楽しそうだ、と父親は感じた。自由な遊びとしてスポーツをする姿をしばらく見ていなかったからだろうと綴り、ユーススポーツの再開の日がきても「元いた場所にそのまま戻るべきか」と自問している。

 コメント欄には、この記事には同意できない、と意見が書き込まれていた。記者は同意してもらえないことはわかっていただろう。みんなが悔しい思いを抱えている。自分の息子たちもそう口にした。だから、見出しに「心密かに」という言葉を挿し込んで、率直な思いをレポートしたのだろう。

 この記者と妻は、普段は、2人の子どものスポーツ活動の送迎でとても忙しくしているそうだ。スポーツ活動が中断したことで、家族揃って夕食を食べられるようになったとも述べている。私も同じように送迎に追われていたことから、この記者のほっとする感じはよく分かる。(スポーツ活動が中断して2か月が経ち、子どもの試合を観戦したい気持ちにもなっているが)

「みんな」の輪に加われない高校生、この感覚をなかったことにするのは待って

 5月14日のシカゴ・サンタイムズ紙電子版には、こんな見出しがあった。「COVID19によってユーススポーツが縮小された。これは多くの子どもたちにとって勝利である」。こんな目に遭って、なぜ、子どもにとっては勝利であるといえるのか。

「今の子どもたちの多くは生まれたときから、スケジュールのなかで生きている。5歳からチームに入り、7歳には1週間に5日練習している」とし、自由な遊びを取り戻す機会だと、記事は訴えている。

 しかし、記事を書いたガルシア記者は、選手たちの無念さも痛いほど感じている。「今年の夏、新型コロナウイルスのために、イリノイ州の10代の若者たちがスポーツできないのなら、私のハートは壊れてしまう。多くの選手は競技選手としての終わりに近づいているのに、彼らから、スポーツが奪われるのを見るのはつらい」。高校の最終学年の生徒が、高校生活を締めくくる公式戦を行えないことに胸を痛めているのだ。

 米国発の2つの記事は、高校生ではなく、小中学生を意識して書かれたものだ。けれども、もしかしたら、高校の最終学年の選手のなかにも、心密かにほっとしている人もいるかもしれない、と私は思う。米国にも、日本にも。

 最後の公式戦ができずに、みんな、悔しい、みんな、やり切れない。「みんな」の輪に加われない、複雑な気持ちもあるのではないか。

 今ひとつ情熱はなかったけど、最後までやり遂げなければという責任感で続けていた選手もいたかもしれない。勝利への重圧があったかもしれない。ベンチ入りできないのに、応援に行かなければいけないと考えて、うんざりしていた選手もいたかもしれない。受験に備えたいからちょうどよかった、感染するのではと不安を感じている人もいるだろう。

 そんなも気持ちは、どちらかといえば、誰にも触れてほしくない、胸にしまっておきたい本音のはず。誰かに言う必要はない。でも、この感覚をなかったことにするのはちょっと待ってほしい。いつか話してもよいと思える日が来て、その時、耳を傾ける人がいたら、高校スポーツの楽しみ方が一色や二色ではなく、何色かのグラデーションへと広がるかもしれない、と思う。(谷口 輝世子 / Kiyoko Taniguchi)

谷口 輝世子
 デイリースポーツ紙で日本のプロ野球を担当。98年から米国に拠点を移しメジャーリーグを担当。2001年からフリーランスのスポーツライターに。現地に住んでいるからこそ見えてくる米国のプロスポーツ、学生スポーツ、子どものスポーツ事情を深く取材。著書『帝国化するメジャーリーグ』(明石書店)『子どもがひとりで遊べない国、アメリカ』(生活書院)。分担執筆『21世紀スポーツ大事典』(大修館書店)分担執筆『運動部活動の理論と実践』(大修館書店)。

THE ANSWER

태그

블로그 보관함

最近の投稿