Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

限定100台 ロータス「エリーゼ」に歴代ロータスF1マシンをイメージした特別車が登場

限定100台 ロータス「エリーゼ」に歴代ロータスF1マシンをイメージした特別車が登場

 ロータスカーズは2020年5月15日、往年のF1マシンをモチーフに「エリーゼ」をカスタムした特別仕様車「エリーゼ クラシック ヘリテージ エディション」の受注を開始しました。生産台数は全世界で100台限定、価格は759万円(税込)です。

【写真】グラハム・ヒル「Type 49B」をイメージしたモデル

 ロータスカーズは英国に拠点を置く自動車メーカー。「エリーゼ クラシック ヘリテージ エディション」は、ライトウェイトのスポーツカー「エリーゼ スポーツ 220II」がベースとなっています。

 特徴は、ロータスが手がけた歴代F1マシンをモチーフにした塗装。全4種類のカラーバリエーションが用意されます。

 1972年のF1で5回の勝利を上げた「Type 72D」モチーフの「ブラック/ゴールド」のほか、1968年にグラハム・ヒルが搭乗した「Type 49B」をイメージさせる「レッド/ホワイト/ゴールド」、1980年にナイジェル・マンセルなどが搭乗した「Type 81」を参考にした「ブルー/レッド/シルバー」。

 そして、特に注目したいのは「ブルー/ホワイト」。英国の名ドライバー「スターリング・モス」が操り、ロータス車両初の勝利を遂げたマシン「Type 18」をイメージしています。

 搭載する1.8リッターのスーパーチャージャーエンジンは、最大220馬力、最大トルク25.4kgf-mを出力。クルーズコントロールや2ピースブレーキディスクなども標準装備しています。

 日本では国内正規輸入元エルシーアイが受注販売を手がけ、オーナーへの配車は2020年11月以降を予定しています。

ねとらぼ

태그

블로그 보관함

最近の投稿