Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

井上尚弥は「世界王者を全て貪ってしまった」 リング誌が「異名通り」とPFP3位を評価

ボクシング界では新型コロナウイルス感染拡大の影響で興行延期が続く中、米専門誌「ザ・リング」はパウンド・フォー・パウンド(PFP)の寸評を発表。3位につけているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)について「世界王者を全て貪ってしまった」と再評価している。

井上尚弥は「世界王者を全て貪ってしまった」 リング誌が「異名通り」とPFP3位を評価

井上尚弥【写真:Getty Images】

相次ぐ興行延期、リング誌がPFP寸評を掲載「ここでもう一度議論しよう」

 ボクシング界では新型コロナウイルス感染拡大の影響で興行延期が続く中、米専門誌「ザ・リング」はパウンド・フォー・パウンド(PFP)の寸評を発表。3位につけているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)について「世界王者を全て貪ってしまった」と再評価している。

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。新型コロナの感染拡大で世界的に興行の中止や延期を余儀なくされているが、最も権威のある同誌は「ボクシングがないからここでもう一度議論しよう」と記事を掲載している。評議会メンバーが議論し、各選手の寸評を発表した。

 1位はカネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)、2位は世界3団体ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、3位に「Naoya Inoue」が選ばれたリング誌のPFP。井上の寸評はこう記されている。

「強打を誇る日本のモンスターは異名通りの活躍を見せてきた。彼の前に立ちはだかる108、115、118ポンドの世界王者を全て貪ってしまった。前回対戦で、イノウエはリング誌で年間最高試合に選出されたWBSS決勝でノニト・ドネアを下し、名勝負で勝利を収めた」

世界王者撃破を再評価「印象的な勝利」

 寸評では、ライトフライ級、スーパーフライ級、バンタム級で19戦全勝の戦績を誇る井上の快進撃を絶賛。オマール・ナルバエス(アルゼンチン)、ジェイミー・マクドネル(英国)、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)という世界王者との激闘についても「印象的な勝利」と評価していた。

 25日(日本時間26日)に米ラスベガスで予定していたWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦は延期となったが、実力者相手に見せる圧巻のKOショーはモンスター評価の高さの一因のようだ。

 その他の同誌PFPは以下の通り。

 4位 テレンス・クロフォード(米国)
 5位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
 6位 エロース・スペンス・ジュニア(米国)
 7位 ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
 8位 フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
 9位 アルトール・ベテルビエフ(ロシア)
 10位 マニー・パッキャオ(フィリピン)(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER

태그

블로그 보관함

最近の投稿