Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

東京都でのPCR検査のフローと宿泊療養を解説 陰性であっても最低1週間は自宅療養

暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15~)。
今回は東京都医師会の尾崎会長からのPCR検査センターの流れや宿泊療養についての解説や、外出自粛継続の呼びかけを紹介しました。

東京都でのPCR検査のフローと宿泊療養を解説 陰性であっても最低1週間は自宅療養

◆PCR検査センター&宿泊療養を解説

新型コロナウイルス関連の最新情報などを毎日伝えている知事のウエブ配信で21日(火)、東京都医師会の尾崎会長がPCR検査センターについて解説しました。

(小池知事ウエブ会見/21日)

「(知事)東京都医師会としてPCRの検査を強化しようということを打ち出されて、現在どのような流れになってますか?」

「(会長)電話でというのが非常に大事。疑いのある人が、直接来院すると、院内感染を起こしてしまう。
まず電話で連絡していただくと。
そして、ちょっと心配だから、誰でも(PCR検査を)受けられるということではなくて、やはり我々かかりつけ医が診て、これは、コロナ感染症の疑いが強いという人について(検査を)行っていくということが大事。

今のところ普通の風邪みたいということになれば、自宅安静の指示にいく。
かかりつけの医師が疑わしいということであれば、PCR検査センターの方に回っていく。

ただ注意しなければならないのが、PCR検査そのものが3割ぐらいの偽陰性、実際にはかかっているがPCR検査では(陽性と)出ない陰性という人もいる。

ですから私どもそこを注意深く診て疑わしい症状がある人は、陰性であっても最低1週間ぐらいは自宅療養していただきたい。
検査で陽性になった例に関しても軽症の人は、いまの東京都のやり方にしたがって宿泊施設に(もし用意できていれば)入っていただく」

軽症者等に係る宿泊療養のフローも説明。

「(会長)PCR検査で陽性となった人、原則宿泊療養となります。
そこに入られる人は(こういった形で)きちっと療養していただくために私ども医師会の医師が直接ホテルに日中は待機している、

一緒にいて、体温であるとかいろいろチェックして健康管理をきちっとする、
具合の悪い人は、早く見つけて病院の方へ移る、あるいは、精神科の専門の医師にお願いしてコンサルテーションができるような体制もとっておりますので。

夜中に急変した場合は、オンコールで必ず医師が、すぐ連絡がとれるような体制を取っておりますので、そういう意味で万全に近い体制がとれていると思う」

関連リンク
https://www.tokyo.med.or.jp/wp-content/uploads/press_conference/application/pdf/20200417-2.pdf
https://www.tokyo.med.or.jp/wp-content/uploads/press_conference/application/pdf/20200417-1.pdf

東京都でのPCR検査のフローと宿泊療養を解説 陰性であっても最低1週間は自宅療養



東京都でのPCR検査のフローと宿泊療養を解説 陰性であっても最低1週間は自宅療養




◆外出自粛が“医療崩壊”防ぐ

医師会の検査体制や宿泊療養について解説した東京都医師会の尾崎会長が都民に連休まで外出自粛に協力するようよびかけました。

(東京都ウエブ会見/21日)

「我々(東京都医師会)、東京都・知事と密に連携をとりながら(地域PCRセンター等)体制を再構築しているが

そのスピードより感染者増加のスピードの方が上回るといくら頑張って我々がやっても実現できない。

オーバーフローが続くので、ぜひこの2週間、3週間、連休までゴールデンウイークまでは本当に皆さん、

頑張っていただいて人と人との流れを止める、人と人と触れ合わないということをぜひ実現していただきたい」

関連リンク
https://tokyodouga.jp/8zpcexiregm.html

東京都でのPCR検査のフローと宿泊療養を解説 陰性であっても最低1週間は自宅療養




<番組概要>
番組名:東京インフォメーション
放送日時:毎週月―金曜 7:15~7:20
キャスター:久保井朝美、平川彩佳
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/

TOKYO MX+

태그

블로그 보관함

最近の投稿