Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

欧州で唯一リーグ戦続行のベラルーシ、絶妙CK弾に海外注目 「コロナに妨害されない」

欧州で唯一リーグ戦続行のベラルーシ、絶妙CK弾に海外注目 「コロナに妨害されない」

BATEボリソフでプレーするMFパベル・ネハイチク(写真は代表の時のもの)【写真:Getty Images】

FCミンスクとBATEボリソフの一戦でベラルーシ代表MFネハイチクが決めた一撃に反響

 新型コロナウイルスの影響で世界各国のリーグが中断を余儀なくされるなか、東欧ベラルーシはリーグ戦を続行。現地時間12日に生まれた直接コーナーキック(CK)弾に海外メディアは注目している。

 イタリアやスペインを筆頭に、ヨーロッパでは新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、多くの国がスポーツイベントの中止を決定。サッカーのリーグ戦も中断している。そのなかで、欧州内では比較的感染者が少ないベラルーシ(2919人/14日14時20分時点)はリーグ戦の開催を続けており、現地時間12日にはリーグ第4節が行われた。

 FCミンスクとBATEボリソフの一戦は、敵地に乗り込んだBATEボリソフが前半だけで2点をリード。トドメの一撃が生まれたのが後半17分だった。

 左CKを獲得したBATEボリソフはベラルーシ代表MFパベル・ネハイチクがキッカーを担当。インスイング気味のボールを蹴り込むと、ゴール前の混戦に気を取られた相手GKの反応が遅れ、パンチングの上を越えてそのままゴールに吸い込まれた。

 新型コロナウイルスの影響で観客は474人と限られた数だったが、勝負を決定づける直接CK弾にはスタンドから歓声と拍手が送られた。

 トルコテレビ局「TRT Spor」によれば、ベラルーシリーグは新型コロナウイルス騒動のなかヨーロッパで中止されていない唯一のリーグだという。記事では、「ベラルーシリーグのコーナーゴール」と見出しを打ち、「珍しいゴールの一つ」と伝えた。

 また、海外サッカーサイト「BeSoccer」ポルトガル版は「ベラルーシでのゴールはサッカーが生きていることを示している。コロナウイルスに妨害されなかった唯一のゴール」と言及。チリのスポーツ専門メディア「AlAireLibre」も「とてつもない直接コーナーキック弾」と描写している。

 世界中でサッカーのない生活が続くなか、ベラルーシではリーグ戦が続けられている。(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web

태그

블로그 보관함

最近の投稿