Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

「仕事と子育て、在宅では両立困難」 外出自粛、模索続く父親「仕事を諦める方向に、かじ切っている感じ」

「仕事と子育て、在宅では両立困難」 外出自粛、模索続く父親「仕事を諦める方向に、かじ切っている感じ」

仕事をしながら6歳の娘の学習をフォローする男性(ぐでちちさん)=本人提供

【 #父親のモヤモヤ 】
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、在宅勤務が急速に広がっています。一方で、学童や保育所での受け入れも制限され、子どもの「巣ごもり」も長く続いています。どんな状況で、何に悩んでいるのでしょうか。「#父親のモヤモヤ」企画にゆかりのある父親たちに現状を聞きました。(朝日新聞記者・高橋健次郎)

【写真】同じ机で父は仕事、娘は勉強…… 子どもと作った時間割も、在宅生活のリアル

一斉休校のタイミングで原則在宅に
「在宅で仕事をしながら、子どもの面倒を見ることはできません。両立させられません」。首都圏に住み、不動産会社に勤める男性(39)は、そう話します。

専業主婦の妻(35)、長女(6)と次女(1)の4人暮らし。男性は、「#父親のモヤモヤ」企画で昨年9月に取り上げた父親と子どもだけのお出かけ「#ゆるゆるお父さん遠足」の中心メンバーの1人です。ツイッター(ぐでちち:@gude_chichi)では、子育てについて発信しています。今回、メールで現状を報告してくれました。

政府が「一斉休校」を要請したタイミングで、男性の会社は原則として在宅勤務になりました。打ち合わせにはテレビ会議システムを活用。契約などで対面が必要な場合は、感染リスクを下げるため、電車ではなくカーシェアリングサービスを利用して外出するようになりました。

長女が通っていた幼稚園は「一斉休校」にあわせ休園に。卒園後に入学した小学校も休みになったため、家族4人が家庭にいる期間が2カ月近くなりました。感染した場合のリスクが高いとされている高齢者との接触をなくすため、実家の両親の支援も求めていません。

「仕事が進むわけない」
「同じように仕事を続ければ、専業主婦である妻に、育児の負担が今以上に大きく偏ってしまいます。そうなれば、妻が限界を迎えてしまいます」。男性は、普段から早い時間に帰宅したり、家事や育児を積極的にシェアしたり、休日は子どもを連れて出かけたりと、夫婦間の公平性が保たれるように心がけています。だからこそ、長女の「巣ごもり」によって妻の負担が増えてはいけないと考えました。

「リモートワークになってから、ダイニングテーブルで作業をしながら長女の学習を見るようにしました。『公文』『チャレンジ』や紙のドリルを長女がやり、僕は隣で仕事、というのが理想です」

次女は妻が面倒をみて、長女の学習をフォローしながら男性が仕事をするという役割分担にしたのです。ところが、「仕事が進むわけはありません」。長女の集中力がもたず、体を動かしたがるので、一緒に運動することになります。

在宅勤務をしながら自宅で子どもの面倒を見ることは困難。男性は、そう感じています。「影響がおさまるまでは完全に仕事を諦める方向に、かじを切っている感じがあります」。その仕事も、新型コロナの影響で半分は休業状態。今後の状況は楽観視できず「会社の倒産みたいな事態も含め考えておかなければなりません」。ずっしりとした不安があると言います。

メンタルの負荷も心配
ウェブデザインの会社を営む都内の男性(43、子育てとーさん:@kosodate10_3)も、企画で紹介した「#ゆるゆるお父さん遠足」の中心メンバーです。小学校の長男(6)と保育園の長女(3)を自宅でみています。パート勤務の妻と家事と育児を分担しています

男性は、子どもの学ぶ機会が失われることのほか、「家族のメンタル的な負荷」を懸念しています。

「長男には発達上、(得意なことと苦手なことに)凸凹(でこぼこ)があります。特に、見通しの立たない状況に弱いです。なぜ今家にいるのか、手洗いが大切か。正しく怖がれるように情報を伝えていますが、今後の不透明な状況はあまりよい影響はないと思っています」

子どものストレスをためないように気を配っていますが、新型コロナの影響で発散方法も限られてしまいます。「どこかに出かけるとか、カラオケに行くとかで発散させていましたが、自宅かその近辺ばかりになっているので代わり映えしません」

困難な状況が続きますが、2人は、働き方が見直されたり、母親に偏りがちだった家庭内の家事や育児のシェアに関心が向かったりするきっかけになればとも願っています。男性(子育てとーさん)は、「ホームスクール的な制度や、オンライン授業など、こうした時だからこそ制度を推し進めてほしいです。そうすれば子どもが不登校になったとしても学びを継続できると思いもします」とも話します。

いまも試行錯誤が続きます。

父親のリアルな声、お寄せください
記事に関する感想をお寄せください。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、在宅勤務が広がっています。一方で、休校や休園が続く中、在宅勤務と子育てとの両立に悩む声も聞かれます。体験やご意見を募ります。

いずれも連絡先を明記のうえ、メール([email protected])で、朝日新聞文化くらし報道部「父親のモヤモヤ」係へお寄せください。

     ◇

【#父親のモヤモヤ】仕事と家庭とのバランスに葛藤を抱え、子育ての主体と見られず疎外感を覚える――。共働き世帯が増え、家事や育児を分かち合うようになり、「父親」もまた、このようにモヤモヤすることがあります。

一方、「ワンオペ育児」に「上から目線」と、家事や育児の大部分を担い、パートナーとのやりとりに不快感を覚えるのは、多くの場合「母親」です。父親のモヤモヤにぴんとこず、いら立つ人もいるでしょう。「父親がモヤモヤ?」と。

父親のモヤモヤは、多くの母親がこれまで直面した困難の追体験かもしれません。あるいは、父親に特有の事情があるかもしれません。いずれにしても、モヤモヤの裏には、往々にして、性別役割や働き方などの問題がひそんでいます。

それらを語り、変えようとすることは、誰にとっても?きやすい社会づくりにつながるはずです。語ることに躊躇しながら、でも、#父親のモヤモヤについて考えていきたいと思います。

withnews

태그

블로그 보관함

最近の投稿