Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

保育園も緊急事態……福岡の“夜の街”中洲で働く親を支える「深夜保育園」はいま

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令により、4月7日、福岡市も対象地域に指定された。

 歓楽街・中洲の閑散とした風景をニュースが伝えた。中洲で働く親と子の生活は大きな影響を受けているに違いない――。3年のうちに顔なじみになった親子や保育園の先生たちの顔がちらついた。

 中洲から徒歩10分、「どろんこ保育園」は、昼間の認可保育園に夜間の認可保育園を併設している。朝7時から深夜2時まで開園している保育園だ。その「親を支える」という型破りな保育を取材した『真夜中の陽だまり』を上梓したのは昨秋のことだ。

保育園も緊急事態……福岡の“夜の街”中洲で働く親を支える「深夜保育園」はいま

どろんこ保育園

自粛や休業を余儀なくされた「寝る子」の親たち

 0歳から6歳まで、園児は180人。そのうち昼食と夕食の2食を園で食べる子どもが90人。さらに15人ほどがパジャマに着替えてお布団で親のお迎えを待つ「寝る子」たちだ。

 ところが、今、「寝る子」は1人か2人しかいないという。

「寝る子」の親はほとんど全員が中洲やその周辺の飲食店で働く人たちだ。子どもを預けようにも肝心の仕事がないのだ。中洲に2500軒はあるという飲食店が、軒並み営業自粛に追い込まれたためだ。

 昼間に登園する子どもたちの数も3分の1近くに減った。緊急事態宣言を受けて、福岡市が保育園の保護者に対し、警察、医療介護関係者、保育施設勤務など、どうしても子どもを預けなければならない保護者以外の自宅保育を要請したためだ。

 ただ、同じお休みしている家庭でも、昼の家庭と「寝る子」の家庭では内情が異なる。「寝る子」の親たちは、ほぼ全員が自粛や休業を余儀なくされ、収入が途絶えようとしている人たちなのだ。

理事長が語る「中洲の親たちの“苦戦”」

 天久薫さん(70)は、どろんこ保育園を運営する社会福祉法人四季の会の理事長だ。25歳のときに現在の園舎のすぐ近くの長屋で夜間託児所を始めた。当時から現在まで中洲の親たちとのつき合いは45年になる。在園児や卒園児の保護者から現在の苦しい状況を耳にするという。

「小料理屋を経営する保護者は、店を開けると仕入れにお金がかかるからと、早々に休業しました。今は、家族だけでの食事会など、前もって予約を受けた時だけ、店を開けているそうです。でも、それもいつまで続けられるか。割烹を経営しているご夫婦は、500万円の融資を銀行に申し込むと話していました。料理や自家製の珍味を持ち帰りや地方発送で販売して日銭を稼いでいるようですが……」

 ホステスやキャバ嬢として雇われの身で働く母親たちも、仕事にあぶれる。派遣会社からクラブやキャバクラに派遣されるホステスやキャバ嬢のなかには、店側から「同伴できるなら、出勤してもいいよ」と条件がつくことがあるという。きっと、同伴できる客を探し、まだ営業している数少ない店に出勤しようとしているのだろうと、天久さんは母親たちの事情を推し量った。苦戦を保育園は見守るしかない。

 中洲の歴史を遡ると、江戸時代には、博多の商人も福岡黒田藩の武士も身分の関わりなく受け入れる遊興の街として賑わったという。

 中洲が不況の打撃を受けたのは初めてではない。昭和40年代の終わりにオイルショックが起きた際には節電のため24時まででネオンの灯りが消され、街が沈んだが、これほど人の気配が失せたことはなかった。

 現代の中洲を構成する小料理屋、クラブ、スナック、キャバクラ、風俗店は、どれも「3密」だ。歴史ある中洲の街は新型コロナウイルスによって姿を変えることになるのか。

天久さんの心配は別のところにあった

 自宅保育に話を戻すと、福岡市はその後押しとして、5月6日までの緊急事態宣言の期間中は保護者が負担する保育料を日割り計算にする支援策を発表した。通常は2ヶ月連続で休むと退園しなくてはならないところを、登園しなくても継続して在籍を認めるという特例もつけた。

 同時に、保育園を運営する社会福祉法人への補助金について、当面は変更なく給付を決定した。そうすれば保育料が減収となってもひとまず各保育園は立ち行かない状況にはならずにすむ。どろんこ保育園の運営に関してはやっていけそうだと、天久さんは話した。

 それより、天久さんの心配は別のところにあった。

 気がかりは昨年暮れに開所した保育施設『どろんこの星』だった。12人の保護者のほとんどが中洲勤めなのだ。

 そもそも『どろんこの星』を開所したのは、中洲で働く親が400人とも500人とも言われるなか、どろんこ保育園に通う「寝る子」たちが15人ほどにとどまっていることに対する割り切れない思いからだった。

 天久さんの原点は中洲のホステスを支える夜間託児所だ。1973年当時、夜間保育園の認可制度はなかったが、その後、1981年に制度ができるのと前後して天久さんは社会福祉法人をつくり、昼間の認可保育園と夜間の認可保育園を運営するようになった。ところが、夜間保育の仕組みが整っていくのと反比例するように、ホステスの親たちはシステムからこぼれ落ち、近年、ホステスやキャバ嬢の保護者はわずか数人になっていた。不安定な雇用環境にある親たちのほとんどが、中洲周辺のベビーホテルに預けるか、家で留守番させていた。

 中洲の周辺にはベビーホテルが10ヶ所ほど点在する。中洲の親たちにとって欠かせないセイフティネットではあるが、一般にベビーホテルでは人件費に予算を多くかけられないため、保育士の資格を持った職員の雇用や保育士の数を確保するのが難しい。認可保育園との保育の質の差は大きく、子どもに保障されているはずの「平等な保育を受ける権利」からはほど遠い。

「どろんこの星」は順調にスタート

 天久さんは、内閣府が待機児童対策のためにつくった企業主導型保育施設の仕組みを活用し、深夜保育を引き受ける『どろんこの星』をつくることにした。開所に際し、社会福祉法人としては銀行の融資も含め1億円近くを出資した。

 こうして櫛田神社そばの借地に新園舎が完成したのが昨年10月。

 どろんこ保育園からのベテランの保育士に加えて新卒を2名採用し、調理師など合計7人の職員を配置。中洲でチラシを配り、12月、満を持して子どもたちの受け入れを開始した。

 中洲でスナックを経営する母親や、キャバクラで働く母、夫婦で居酒屋を経営する親など、入園希望者が続き、初年度の予定園児数12人の定員が今月にはいっぱいになった。午後2時から朝4時までの開園時間のシフトも整い、順調に滑り出していたのだ。

 そこへコロナの打撃である。

「緊急事態宣言が出て以後、登園しているのは二人です」

「スナック経営者や居酒屋経営の保護者は、大事をとってすぐに登園を見合わせました。雇われで働いている保護者は仕事に出ないと生活が立ち行かないんでしょう、すぐには休めないような状況でした。緊急事態宣言が出て以後、今も登園しているのは、母親が派遣のホステスと英会話の派遣講師の二人です」

『どろんこの星』では2020年の早い段階で19人に定員を広げ、2021年4月には園児数は30人を予定していたが、運営計画は白紙に戻った。

 目下直面している問題は、園児数を維持できるかだ。というのも、園児が在籍している間は所定の補助金は支給されるが、今後、中洲の休業状態が長引けば、退園する保護者が出てくる可能性がある。園児数が減って補助金が減額されれば、運営内容を見直すことも必要になってくる。

 頭は痛い。だが、天久さんは45年間で最も困難な局面というわけではないという。

「うちはまだ恵まれとうですよ。補助金がありますから」

認可外保育施設にも支援策を発表

 周辺のベビーホテルはどこも認可外のため、保護者から支払われる4~5万円ほどの保育料のみで運営している。あるベビーホテルでは、通常は30人ほど預かっているのが4月に入って4人までに減ったという。歓楽街で働く親たちのセイフティネットだったベビーホテルが、新型コロナウイルスによって連鎖休業に追い込まれる目前だ。

 そこへ、4月14日、認可外保育施設に対して、福岡市から支援策が発表された。この日、福岡県が緊急事態宣言に基づいて休業要請を発出したことに呼応し、休業要請への協力施設への補助金支給先として、認可外保育施設についても該当施設に指定したのだ。期間中、自宅保育をした保護者には日割りで保育料を割り引くよう保育施設に要請し、減額分を福岡市が認可外保育施設に支払うというものだ。夜間保育を引き受けているベビーホテルにも適用する予定だという。

 飲食業を経営する保護者にも朗報があった。緊急事態宣言の期間中、休業により協力した中小企業や個人事業主を対象に、家賃の8割を上限50万円まで補助する策を福岡市が発表した。

「この1年は、どこまでこの運営体制を守れるか、やってみないとわかりません」

 ひとまず、現場に出る保育士は6人のうちの2人に抑え、職員たちは順番に有休消化や自宅待機に入った。

写真=三宅玲子

(三宅 玲子)

文春オンライン

태그

블로그 보관함

最近の投稿