Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

東京都、コロナ対策で3574億円の補正予算案 自主的休業も協力金対象に

東京都、コロナ対策で3574億円の補正予算案 自主的休業も協力金対象に

記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=15日午後、東京都新宿区の都庁(佐藤徳昭撮影)

 新型コロナウイルスの封じ込めに向けた経済対策や医療支援として、東京都の小池百合子知事は15日、総額約3574億円の補正予算案を発表した。休業要請などに応じた中小事業者に支払う感染拡大防止協力金として960億円を計上、自主的に協力する小規模店も対象に含める。深夜勤務となる医療従事者の宿泊先を借り上げる費用として6億円を計上した。
 補正予算案は都議会で22日に可決、成立の見通し。協力金は5月7日からの支給を目指す。小池氏は記者会見で今後も追加対策を行い、新型コロナ対策費の総額が約8000億円になると説明。「あらゆる手立てを総動員する」と述べた。
 都は6区分の対象施設と業種に休業、飲食店に短縮営業を要請。協力金は要請期間のうち、少なくとも4月16日から5月6日の間の休業や短縮営業を条件とし単独店舗の事業者に50万円、複数店舗を持つ場合は100万円を支給する。基本的に休業を求めない床面積100平方メートル以下の店舗なども支払い対象になる。
 外出自粛で売り上げが減る飲食店が、新たに宅配などのサービスを始める際に初期費用の一部を助成。軽症者らを受け入れる宿泊施設確保の関連費108億円を盛り込み、3千室確保を目指す。医療機関などに向けたマスク6400万枚の購入費34億円を計上した。
 活動自粛中のプロのアーティストらには、都がインターネットで配信する動画コンテンツを制作してもらい、出演料として1人当たり10万円、1作品当たり100万円までを支給する。
産経新聞

태그

블로그 보관함

最近の投稿