Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

中国、広州でのアフリカ人差別への抗議に反論

中国、広州でのアフリカ人差別への抗議に反論

[北京 13日 ロイター] - 中国外務省の趙立堅報道官は13日、アフリカの国々や米国の外交官が、広東省広州市でアフリカ系の人たちが新型コロナウイルスの検査や隔離を強要されるなど差別的な扱いを受けていると訴えていることに反論した。

同報道官は定例の記者ブリーフィングで「中国ではアフリカの仲間たちに対する差別はない」と断言。米国がこの問題を悪用し、中国とアフリカ諸国の関係悪化を狙っていると主張した。

複数のアフリカの国の駐北京大使は中国の王毅国務委員兼外相に宛てた書簡で、広州市でアフリカ人が真夜中にホテルから追い出されたり、パスポートを押収されたり、ビザ(査証)の取り消しや強制送還、逮捕の脅しを受ける事例が続出していると指摘。

その後、広州の米総領事館も米市民に注意喚起する文書を出し、広州当局が、バーやレストランに対し、アフリカ系の人たちに給仕しないよう命じ、アフリカ人との接触者に新型コロナ検査と自主隔離を強制的に実施しているとして、アフリカ系米国人に広州の都市圏から離れるよう促した。

趙報道官は、中国は全ての外国人を平等に扱っていると強調。「米国が対立の火種を作っているのは無責任で不道徳な行為だ」と述べ、「中国とアフリカの間に亀裂を生じさせる取り組みは決して成功しない」とした。

米国務省の当局者らは13日も中国人による「排外主義」を批判。オルタガス報道官は「中国当局は同国に暮らし、留学するアフリカ人の虐待をやめるべきだ」とツイッター上で訴えた。

中国では入国者の新型コロナ感染確認が相次いでいるが、大半が海外から帰国する中国人となっている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター

태그

블로그 보관함

最近の投稿