Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

相次ぐ病院クラスター 院内感染防止策難しく、指定医療機関も舞台に

相次ぐ病院クラスター 院内感染防止策難しく、指定医療機関も舞台に

 猛威をふるう新型コロナウイルスをめぐり、東京都中野区の中野江古田病院で、90人を上回る大規模な院内感染の疑われる事例が明らかになった。国内で感染拡大のペースが急激にあがった3月下旬以降、全国各地で院内感染とみられるクラスター(感染者集団)の発生が相次ぎ、都心では複数の大学病院が、地方では感染症指定医療機関が舞台となった。診療停止など医療崩壊につながる恐れがあり、自治体は感染経路などの調査に神経をとがらせる一方、専門家は防止策の難しさも指摘する。
 連鎖
 「入院患者には高齢者が多く、持病を抱えた人も少なくない。重症化リスクが心配だ」。中野江古田病院がある中野区の保健所関係者は不安を募らせる。
 同病院で複数の入院患者に原因不明の発熱症状が出ていると、保健所に連絡が入ったのは4月1日。都によると、入院患者は約100人に上り、10日余りで医療スタッフも含め90人余りの感染者が確認された。都は患者の家族らも検査するかなどを検討。介護関係の近隣施設との間でスタッフの往来がないかも調べる。
 同病院には感染症に対応した病床がないため、感染した入院患者の転院先を探しているが、関係者は「都内で感染が広がっているので、調整が難航している」と話す。
 都内では他にも医療機関での集団感染が広がる。永寿総合病院(台東区)では、入院患者や医療スタッフら関係者180人超の感染を確認。患者の転院先の慶応大病院(新宿区)にも連鎖し、同室の入院患者が感染した。同大病院ではその後、初期研修医の集団感染も判明している。
 東京慈恵会医大病院(港区)でも入院患者の感染が確認されたことを受け、接触者を検査した結果、3日時点で患者2人、医師1人、看護師3人の感染が発覚した。現在は初診の外来診療や救急診療を原則休止しているという。
 どう防ぐ
 一方、感染症指定医療機関で延べ約50人の新型コロナ患者を受け入れる神戸市立医療センター中央市民病院では、入院患者、看護師、技師ら計13人の感染が発覚。重症の新型コロナ患者を除く新規の入院受け入れを停止したほか、職員約100人を自宅待機させ、ウイルス検査を続ける。
 同じく感染症指定医療機関の富山市立富山市民病院でも看護師に続き、同じ病棟の看護師と入院していた女性患者の感染が明らかになった。大分市の大分医療センターでは、患者らを含む関連の感染者が24人に上り、電子カルテの入力に使うタブレット端末などにウイルスが付着し、医師や看護師らが受け渡す際に感染が広がった可能性が浮上している。
 院内感染とそれに伴う医療崩壊を防ぐ手立てはあるか。東邦大教授で日本感染症学会の舘田一博理事長は「無症状で来院し、感染を広げる人もいるので、全ての人の感染を疑いながら飛沫(ひまつ)感染の防止策と衛生管理を徹底することに尽きる。地方では医療機関の数が限られる中で難しさもあるが、地域や院内で診療科を越えた助け合いが大事になる」と話した。
産経新聞

태그

블로그 보관함

最近の投稿