Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

コロナ感染が怖い人へ、病院に行かずに薬をもらう方法はある

コロナ感染が怖い人へ、病院に行かずに薬をもらう方法はある

外出を控えるムードは高まる

 7都府県に緊急事態宣言が発令され、日本中で「外出は控える」というムードが高まっている。

 困るのは「薬」をどうするかだ。処方薬をもらうためだけに病院に行くのは院内感染のリスクが怖いが、普段から服用している薬を急にやめるのもリスクがある。知っておくべき「病院に行かずに薬をもらう方法」を調査した。

 まず検討したいのが「電話」で処方薬をもらう方法だ。厚生労働省は2月29日、かかりつけの医療機関で電話による診療のみで持病の治療薬を処方することを認めると通知を出した。

 これまでは、常用する薬をもらうためだけに病院に行き、何時間も待たされることがしばしばあった。院内感染リスクが高まる中で、この変更は朗報だ。ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師(内科医)が語る。

「通院による感染リスクを減らすため、高血圧や糖尿病といった慢性的な持病の薬を中心に電話での処方が認められることになりました。

 これまで薬をもらっていたかかりつけ医がいる医療機関に相談し、電話での処方箋発行が可能かどうかを確認しましょう。対応できる病院なら、電話口で診察券の番号や名前などを伝え、電話診察の日時を相談する。一部の医療機関では、病院ホームページの専用フォームで電話診療の予約を受け付けています」

 予約した日時になると、登録した番号にかかりつけ医から電話がかかってくる。通常の通院時と同じように「体の調子はどうですか」「症状に異変はありませんか」といった問診がなされ、担当医師が薬の用量や種類の変更が必要か否かを判断してくれる。

 電話診察が終わると、患者の希望する薬局に治療薬の処方箋がFAXなどで送られ、薬局の薬剤師が電話などで服薬指導してくれる。

「治療薬は薬局から患者宅に郵送されます。中には、処方箋を患者の自宅に郵送し、患者かその家族が薬局まで取りに行くシステムの病院・薬局もあります。支払い方法はクレジットカードで決済するケースがほとんどです」(日本遠隔医療学会常務理事の長谷川高志氏)

◆「症状の伝え方」がカギ

 ただし、通院中の医療機関が電話診察に対応しているとは限らない。その場合、パソコンやスマホのテレビ通話機能を使った「オンライン診療」を受ける方法がある。

「事前にオンライン診療を受け付けている医療機関に予約し、テレビ通話で診療を行ないます。テレビ画面を通して直接顔を見ながらやり取りできるので、患者が息苦しそうにしていないか、顔色は悪くないかなど視覚的な情報も判断できる。

 オンラインで薬をもらう際に注意したいのは、正確な情報を伝えるのが重要だということです。かかりつけ医から処方されていた薬がある方は、オンライン診療の医師に服薬歴を正確に伝えるため、『お薬手帳』を見ながら説明するようにしてください」(前出・谷本医師)

 今後は、持病の慢性疾患に限らず、初診の場合でも、オンライン診療が受けられるようになる可能性がある。政府は4月5日、新型コロナ拡大を受けて認める方針を固めた。

 ただし、初診の場合は注意点もある。実際にオンライン診療を行なう前出・谷本医師が言う。

「聴診や触診ができないため、病状を正確に把握できないケースがある。それを補うため、軽い症状でも、いつから、どの場所に、どの程度の強さ・頻度で生じているのか、吐き気や下痢といった随伴症状の有無などの細かい情報もできるだけ伝えてください。突然の強い痛みや呼吸困難があるなど重い症状の時はオンラインでなく、病院に行くべきです」

 薬の受け取りや支払いは、電話診療と同じく郵送や電子決済で行なうケースが多い。

 電話やオンラインでの診療が受けられない場合、処方箋なしで医療用医薬品を購入できる「零売薬局」を利用する手もある。

 病院で処方される医療用医薬品は約1万5000種類とされるが、その半数近い約7300種類は処方箋がなくても零売薬局で購入できる。零売薬局のひとつ、銀座薬局代表の薬剤師・長澤育弘氏が指摘する。

「電話やオンラインで処方薬が受け取れない場合でも、市販薬より効き目が強い解熱剤や咳止め、痛み止めなどの薬を買うことができます。まだ全国的に店舗は多くありませんが、首都圏を中心に増えつつある。ただし、保険適用外で全額自己負担となります」

 新型コロナを機に「処方薬は病院でもらうもの」という“常識”は過去のものになりそうだ。

※週刊ポスト2020年4月24日号

NEWSポストセブン

태그

블로그 보관함

最近の投稿