Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

大和田獏“最後の夫婦共演”ワイドショー魂 岡江さん無言の帰宅で報道陣に神対応の裏に…

大和田獏“最後の夫婦共演”ワイドショー魂 岡江さん無言の帰宅で報道陣に神対応の裏に…

報道陣に対応した大和田

 新型コロナウイルス感染による肺炎で23日に亡くなった女優・岡江久美子さん(享年63)が荼毘に付され、24日午後5時20分ごろ、都内の自宅に戻った。感染を避けるため、夫で俳優の大和田獏(69)は最愛の妻に会い、最期のお別れをすることもできず、自宅前に置かれた遺骨を迎えた。悲しみに暮れながらも、大和田は気丈に報道陣の取材に応じたが、それには2人が「ワイドショー」とともに過ごした時間があったからだ――。

 あまりにも寂しい、無言の帰宅だった。岡江さんの遺骨は、ひっそりと静まり返る自宅の玄関前にそっと置かれた。

 直後に大和田が姿を見せ、愛妻の遺骨を抱えた。さらに「すいません、こんな形でしか対応できずに申し訳なく思います…」と、報道陣との間隔を開けた取材対応をわびた。

 大和田は続けて「久美子は今、帰ってきました。こんな形での帰宅は、本当に残念で悔しくて悲しくて…。どうか、みなさんもくれぐれもお気を付けください」と注意を促した。最後には「静かに送りたいと思います。失礼します」との言葉を残し、自宅へ入っていった。

 今年に入って突然現れた、悪夢のような新型コロナウイルスによって妻を亡くした大和田。急な別れに、気持ちの整理が付いているはずはない。取材を断っても当然の状況だが、それでも気丈に取材に応じたのは、大和田も岡江さんも長年、ワイドショーとともに芸能生活を送ったという思いが理由の一つにあるという。

「芸能一家として長年、芸能界で生きてきた。一般の人には到底理解できない、ワイドショーのMCというプライドがある。それが大和田さんを、岡江さんとの『最後の共演』に臨ませたという部分はあると思います」と言うのはテレビ関係者だ。

 岡江さんは1996年から2014年まで、朝の情報番組「はなまるマーケット」(TBS系)の司会を務めた。一方の大和田も、1998年から2009年まで「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)の司会を務めた。夫婦がともに10年以上にわたって、“ワイドショーの顔”として別の番組に出演し続けたわけだ。

「大和田さんは、芸能人がワイドショーで取り上げられる意味を誰よりも分かっている。大和田さんが悲しみを押して報道陣に対しコメントを残したのは、岡江さんと一緒にテレビ画面に登場することで“新型コロナウイルスの危険性を伝える”という思いがあったから。その重責を果たした。これは大和田さんにしかできない、大きな仕事だったと思います」(同関係者)

 大和田はワイドショーの司会を11年間務めたことで、さらにお茶の間での知名度が上がったのは間違いない。そんな大和田に目を付けたのは政界だ。2013年には「政界転身」を取り沙汰されたことも。

「13年の名古屋市長選挙では、水面下で大和田さんを担ぎだそうという動きが自民党、民主党(当時)でありました。最終的には、大和田さんは『役者としてやりたいことがまだある』と断りを入れたそうです」(テレビ局関係者)

 岡江さんが司会を務めた「はなまるマーケット」は平日朝の生放送。一方、大和田の「ワイド!スクランブル」は平日昼の生放送だ。

「時間帯が違うからスレ違いも多かったが、仲はすこぶる良かった。お互いにワイドショーにホレ込んで仕事をしていたということ。大和田さんが取材に応じたのは、そんな岡江さんへの思いもあったのでは」(同)

 2人ともワイドショーの司会を長年務めた夫婦は、長い歴史を誇る芸能界でも異例。芸能史に残る夫婦だったのは間違いない。

東スポWeb

태그

블로그 보관함

最近の投稿