Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

「アフターパンデミック」の世界を韓・英・仏などの識者が予測

「アフターパンデミック」の世界を韓・英・仏などの識者が予測

イギリスで日用品を売る移動販売車。もともとはアイスクリーム屋(AFP=時事)

 米国ではトランプ大統領が早期の都市封鎖解除を推し進めようとしていることに批判も出ているが、世界でも冷静な判断をできる人は多くはない。医学・生理学分野からも、軽傷を鳴らす声が聞こえてくる。

【写真】パリ17区に開設されたドライブイン方式の検査センター

 イギリスでは、政府のコロナ戦略に影響を与えたインペリアル・カレッジ・ロンドン疫学・数理生物学のニール・ファーガソン教授は、政府の初動をこう評価する。

「中国で起こったことは遠く離れた出来事で、イギリスで起こるかもしれないと考えることは難しかった。イギリスがロックダウンするまでの2~3週間の間に、イタリアで起きたことが証拠となり、イギリスでも同じように起こりうるという考えが明確化したのだと思います」

 今後のプロセスには悲観的だ。

「多くの研究がリアルタイムで行なわれており、それが政策に反映され試行錯誤が繰り広げられている……国民医療サービスを機能させながら、現在よりも経済的、社会的活動を継続できる最善の策があるのか? それがどのようなもので、本当に実現可能なものなのか、私にはよくわからない。私たちは現在、明確な出口戦略を持ち合わせていません」(4月7日付フィナンシャル・タイムズ紙)

 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞したフランスのフランソワーズ・バレ=シヌシ教授は、現在のコロナウイルスの危機と1980年代のHIV流行との類似点をこう指摘する。

「エイズ流行の初期段階において、人々はヒステリーになり、不安にさいなまれ、それは時に不合理で理性に欠けたものでした。そして、矛盾したり誤った情報に起因することもありました」

 アメリカのトランプ大統領は治療薬として有望視するが副作用が認められた抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンについても、「有効性は厳密には証明されていない」と警鐘を鳴らす。

「この薬の試験が正しく科学的に行なわれ、その有効性と起こり得る副作用についての答えを出すことは必要不可欠です。我慢して待ちましょう。人々に誤った希望を与えないようにしましょう。これは倫理の問題です」(3月24日付ル・モンド紙)

 新型コロナウイルスに有効な薬を発見するためのWHOプロジェクトに参加しているスペインのフリオ・マヨル氏は、首都マドリッドで最も重要な病院のひとつ、サンカルロス病院の医学部長を務める。マヨル氏は、政府の初動の遅れを指摘し、ワクチンよりも治療方法の解明が重要だと語る。

「パンデミックの難しいところは、素早く行動することでパンデミックを阻止した場合、やりすぎに見えてしまうことです。行動が遅すぎれば、それは完全なる失敗です。パンデミックには過剰反応することが望ましいのです」

「病状を改善するためには、短期間に効果的な治療法が必要です。ワクチンは短期的な解決策ではなく、周期的に繰り返す第2波のためのもの、将来のためのものです。もしかすると、私たちはそれを見つけることができないかもしれない」(いずれも4月5日付エル・インデペンディエンテ紙)

 韓国では、大韓感染学会総理事長であり、2009年の新型インフルエンザ流行では臨床現場で活躍し、現在エボラ・ウイルス、鳥インフルエンザなど、新種感染病の研究で国内最高権威として知られる高麗大学九老病院感染内科のキム・ウジュ教授がこう語っている。

「いつ終息するのかわからない。感染症の流行は完全に終息するまで、終わったことがわからないもので、今が野球の3回裏なのか、7回裏なのかも判断がつかない」

 そして、今回のパンデミックの終息についてこのように見通す。

「夏頃になれば勢いは和らぐだろう。しかし、今まで全世界に広がっている傾向を見ると、アジアから始まり北米、南米やオセアニアで流行して、冬季には国内に再び戻る可能性が高い。季節性インフルエンザのように、『季節性コロナ』になることがありえる。その前にワクチンが開発できればいいが、その可能性は少ないように思える」(3月21日付ヘルス・チョソン誌)

※週刊ポスト2020年5月1日号

NEWSポストセブン

태그

블로그 보관함

最近の投稿