Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

マスクだけじゃない……“アニメオタク”のイタリア人が教える「ロックダウン下での必需品リスト」

 4月16日、7都府県対象だった緊急事態宣言が、日本全国規模で改めて発令された。

 一方、新型コロナウイルス感染による死者が世界で2番目に多いイタリアでは、緊急事態宣言よりはるかに強制力の強いロックダウン(隣の町へも移動禁止、必要不可欠な生産活動以外はすべて禁止)が、3月9日から実施されている。

 そのイタリアから日本に向け、インターネット動画で現地の状況を伝え続けている男がいる。

 ロンバルディア州ミラノ県出身の46歳、マウリツィオ・カンパナ氏がその人だ。

マスクだけじゃない……“アニメオタク”のイタリア人が教える「ロックダウン下での必需品リスト」

日本語で発信を続けるマウリツィオ・カンパナ氏(YouTubeより)

カンパナ氏があげた5つの「必需品リスト」

 イタリアにおけるコロナ禍の最新データを、彼に尋ねてみた。

「4月20日の時点で、イタリア全体のコロナ禍による死者は24,114人。そのうち私が今いるロンバルディア州での死者は12,376人と、半数以上を占めます。ロンバルディア州の人口は約1,000万人とイタリアの総人口の6分の1が集まっている上、盆地で大気の循環が悪いことも一因ではないかと言われてますね」

 全土ロックダウンという“先行国”で日々を送るカンパナ氏によると、未曾有の状況下に置かれた今の日本で、食料やマスク以外に備えておきたい必需品リストは次のようなものではないかという。

1.使い捨て手袋
2.ハンドクリーム
3.既往症用の市販薬
4.小林製薬の濃い杜仲茶(嗜好品)​
5.フィットネス用具

 なぜこれらが必要なのか、個々に説明してもらおう。

「まずは、ポリエチレンやポリ塩化ビニール製の使い捨て手袋(日本では、惣菜店の販売スタッフなどが着用している半透明のアレ)の購入をお勧めします。感染者が触れたものから自分に伝染するのを防ぐためです。イタリアでは今、スーパーなどで手袋をしていないと白い目で見られる雰囲気。先日などは、雑貨店に素手で入ろうとした客が店員さんに『手袋なしだと入店拒否ですよ。もし持っていないのなら、ここで買って。商品には、手袋をしてから触ってください』と注意されているのを見ました」

 これまでマスク着用の習慣さえなかったイタリア人が春の陽気の中、手袋までする重装備で外出しているとは、にわかに信じがたいのだが……。

マスクの着用は「義務」と語るカンパナ氏

「現在ロンバルディア州では、マスクの着用が『義務付けられて』いるんです。確かにイタリア人はマスクと無縁の生活をしてきたんですが、感染への恐怖から一斉にするようになりました。それはもはや、非日常の光景。非日常なんだから、手袋まですることにも抵抗がないんです。

 日本は冬や春にマスクをするのが以前から当たり前になっている分、みんなが〈いつもよりちょっと気をつけようか〉といった程度の雰囲気に留まってしまっているんじゃないでしょうか。手袋まですることには恥ずかしさを感じるかもしれません。でも周囲から完全に浮いてしまおうと、神経質すぎると囁かれようと、自分の身は自分で守らないと。そして一度外出に使った手袋は、帰宅したらすっぱり捨てる。うちのオカンは古い人間なので、もったいないからとまた使おうとするんですが、それじゃ意味がない!」

 手袋と同じ理由で、外出時の彼は帽子またはフードつきの上着、そしてサングラスまで着用するという。

「2月にイタリアへ帰った当初、手袋まではしませんでしたが、用心のためにマスク、帽子、サングラスでスーパーに買い物に行ったら、『何、あれ?』って客の子供たちに笑われたんです。でも今、同じスーパーでみんなが似たようなかっこうをしてますよ」

アニメがきっかけで来日したカンパナ氏

 カンパナ氏は少年時代に母国で観ていた「グレートマジンガー」「宇宙海賊キャプテンハーロック」「野球狂の詩」「めぞん一刻」といったテレビアニメがきっかけで日本に興味を持ち、1997年に来日。関西大学に入学して博士課程の取得まで在籍(博士論文のテーマは「新井白石:外国人との出会いとその思想営為」)し、今年で日本在住24年目。現在は非常勤講師として、関西大学で「日本の文化と人間について考える」、阪南大学で「ヨーロッパの世界遺産」「世界遺産論」といった講義を行っている。

 彼は2月末にミラノの実家へ里帰りしたのだが、直後にロンバルディア州で新型コロナウイルスのパンデミックが起こり、同州はロックダウン。さらにイタリア全土へと制限規模が拡大したため、本来なら3月26日に大阪へ戻っているはずが、故郷の町で今も足止めを食らっているのだ。

 では、2番目にハンドクリームを挙げた理由は何なのか。

「こちらでも帰宅時の手洗いが励行されているんですが、イタリアの水道水はミネラル分が多い硬水なので、頻繁に手洗いをしているとすぐに肌が荒れ、出血までしてしまうんです。軟水の日本はそこまでではないでしょうけど、石鹸を使った入念な手洗いを続けているとやっぱり肌がカサカサになりますので、あった方がいいと思います」

なぜか小林製薬の「濃い杜仲茶」を推すカンパナ氏

 同じくドラッグストアで買えるものだが、既往症の市販薬も欠かせないという。

「治療中の患者がいたり、自覚のない感染者が別の症状のために訪れたり、感染を疑う人が直接相談に訪れたりと、病院は今、最も新型コロナウイルスへの感染率が高い場所のひとつです。外出自粛が続くと心身が弱って体調を崩しがちですが、できるだけ病院に行かずにすむよう、風邪でも花粉症でも自分がかかりやすい病気が市販薬で治せるのなら、前もって用意しておくべきです」

 4番目の嗜好品というのは?

「なくても生活に支障はきたさないけれど、あった方が毎日を快適に過ごせるものって誰にもあるでしょう? それがもし限られた店にしか置いていないのなら、多めに買ってストックしておいた方がいい。食料の調達などやむを得ないこと以外に、外出や買い物の機会を増やすリスクは避けたいですからね。

 僕の場合だと、ダイエットになると信じて飲み続けてる『小林製薬の濃い杜仲茶』なんですけど。イタリアにも少々持って帰ったものの、そろそろ使い切りそうで困ってます」

 帰阪がままならなくなった彼は、自らが置かれた境遇が日本の人々の参考になればと、ロンバルディア州やイタリアでのコロナ禍の最新状況を日本語でレポートするYouTubeチャンネル、「カンちゃん」を3月中旬に立ち上げた。

熱狂的な日ハムファンのカンパナ氏

 同チャンネルでの彼はほぼ毎日、実家の自室や庭から、イタリアの複数の新聞などをもとにしたコロナ禍関連情報を紹介したり、感染拡大下での日伊の行政や国民性の違いを語ったり、時折の買い物の際には町やスーパーの様子を撮影するなどした動画をアップしている。なぜか熱狂的な日本ハムファイターズファンのため、球団OBの片岡篤史氏が新型コロナウイルス感染を発表した際には、病床の片岡氏にひたすらエールを送る回を上げたことも(その後片岡氏は回復し、退院を発表)。

 ところでリストの5番目には、意表を突かれたのだが。

「インドア派の人であっても、出歩くのもままならず体を動かせない日々が続くと、イライラが募ってしまいます。その解消に、家を破壊しない程度に室内で簡単にやれ、場所を取らないフィットネスの道具なんかがあったら、いい気分転換になります。僕は実家の部屋で今、高校時代にやっていたベンチプレスを久しぶりに再開していますが、体感型のコンピューターゲームでも通販の健康機器でも、なんでもいいんです」

 そしてロックダウン下で1か月以上も過ごすうち、物質的な備えだけでなく、各人が持っておくべき心構えにも気付いたと語る。

「頭を忙しく働かせた方がいい」とカンパナ氏

「とにかく、マイナス思考に陥らないことが大切だと痛感しています。そのためには、なるべく頭を忙しく働かせた方がいい。普段、煩わしいと思っていることに時間をかけて挑戦してみると、気が紛れます。僕がYouTubeを始めた理由のひとつもそれ。あるいは食べることに目がない人なら、あえて便利な時短商品を避け、料理を手作りしてみるのもいいと思いますよ。あまり台所に立ったことがなくても、今はネットで簡単に情報が手に入ります。いざ作ってみると面白いし、勉強になるし、失敗したらしたで笑えますし。イタリアではこのところ、家族みんなで一からパンやお菓子を作ろうとする人が増えて、小麦粉やバターや卵が品薄になっています。特に小麦粉は、購買数制限がかかっているほどです」

 日本に置き換えれば、丸々一匹の魚をおろして刺身にしたり、糠床作りから始めて野菜を漬けたり、固形ルーを使うのではなく、スパイスを合わせてちょっと本格的なインドカレーを作ってみたりといった感じだろうか。

 いずれにせよ洋の東西を問わず、心を平穏に保つことが肝要だ。

“ヨメ”とは離れ離れのカンパナ氏

「日本でもそうだと聞きますが、イタリアでもこのままロックダウンが続いて夫婦がずっと同じ屋根の下で過ごしていたら、DVの温床になりかねないと危惧されています。ストレスをためて相手に八つ当たりするのではなく、お互いを再発見する機会にしたいものですよね。なんなら、男女の営みに励むのも悪くないでしょう。こちらではジョーク交じりに『ロックダウンが終わったら、離婚ラッシュとベビーブームがいっぺんに来る』と言われています」

 彼自身は帰省以降、大阪に住む日本人の夫人(カンパナ氏曰く「ヨメ」)と離れ離れになったまま。当初の帰国便でイタリア出国できなくなったため、さすがにもうロックダウンは終わっているだろうと6月1日の大阪到着便へとチケットを変更していたが、先日その便も運休が決まったという……。

 一日も早いイタリアのロックダウン解除と、カンパナ氏の日本帰国を祈りたい。

(河崎 三行)

文春オンライン

태그

블로그 보관함

最近の投稿