Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル

【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル

巨大なボディだが意外とフレンドリー

後席に人を乗せることを優先させた、ミニバンのトヨタ グランエース。なかなか試乗するチャンスがなかったのだが、ようやく乗ることができた。500kmほど試乗した感想をお伝えしたい。
まず、その大きな車体に目が行く。アルファード/ヴェルファイアに比べて全長、全幅、ホイールベースとどれも長く、堂々とした佇まいだ。
ドアを開けると着座ポジションは高い。しかし、ステップが備わっており乗り降りはしやすい。
シート幅はやや狭い。加えて華美な装飾を抑えた内装は、後席空間が優先された送迎向けモデルだということがわかる。
サイドミラーを見てみると、ボディの後端までしっかり確認できる。箱形のボディ形状のおかげか全長が長くても気にならない。
また、切り立ったボディは狭い道でも運転しやいうえに飽きにくいデザインだ。駐車場の車と車の間の車庫入れも見た目の大きさよりもまっすぐに入れやすい。

見た目以上に安定感の高いモデル

搭載される2.8Lのディーゼルターボエンジンは、2.8トン近いボディをグイグイと引っ張りとても力強い。
気になるディーゼルエンジン独特の騒音も、出足こそ少々気になるが、速度が乗ってしまえば気にならないので静粛性が高いといえる。
首都高速を走行してみると、車重がかさむだけに段差でドンッと伝わる場面もあるが、この平たい面構成のボディとしては剛性感が非常に高い。
今後は振動などを一層低減する処置がされることであろう。
横風が吹いてもふらつかず、安定感が高い。これは良いサスペンションセッティングである。
山間部のコーナリングもリアサスペンションの動きが良く、ハンドリングに影響をきたさない。
ドライバーとしてはここに安心と安定を感じる。そして、その安定した車体の動きは同乗者を気持ち良く過ごさせるのだ。
後席部分のサイドガラスとシートには適度なクリアランスがあって、ゆっくりと外の景色を堪能することができる。こういうちょっとしたことの積み重ねが、同乗者の疲れを癒してくれるに違いない。
グランエースはとても快適である。それに見合った乗り心地のよさを提供し、後席だけでなくドライバーにも気を使ったモデルだ。
アルファード/ヴェルファイアとは一線を画した、快適さがひしひしと伝わるモデルである。
文/松本英雄、写真/尾形和美

日刊カーセンサー

태그

블로그 보관함

最近の投稿