Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

坂の多い街で発車 高齢者のウーバー的送迎支援

坂の多い街で発車 高齢者のウーバー的送迎支援

送迎支援で買い物をする利用者=奈良県生駒市

 奈良県生駒市鹿ノ台の自治連合会がITを活用し、高齢者の買い物や病院への送迎を支援するユニークな取り組みを3月からスタートさせた。電話で利用希望日を伝え、配信を受けた住民サポーターの都合が合えば配車が可能になる。乗客とドライバーをマッチングする「ウーバー」(アプリを使った配車サービス)さながらのシステムで、同会は「自動運転車との連動も視野に入れ、実証実験を重ねていきたい」としている。
(田中一毅)
 約3千世帯、計約7千人が暮らす鹿ノ台地区は、65歳以上の住民が全体の41%を占め、高齢化が進んでいる(昨年10月現在)。高齢者の心身の虚弱化(フレイル)を防ぎ、住民が互いに支え合う「共生地域づくり」を進めようと、平成27年4月に自治連合会「鹿ノ台いきいき街づくり会」を発足させた。以降、「いきいき百歳体操」や「映画上映」「音楽祭」などのサロン活動を地区内の施設「いきいきホール」で開催している。
 ただ、同地区は坂が多いことから、高齢者がサロン活動に参加するための移動手段が課題に挙がった。そこで、住民有志がサポーターに登録。マイカーで病院やスーパーなどに無料送迎してもらうサービスを同12月から開始した。現在は12人のサポーターが利用者約30人を支えている。
 住民の90代女性は「1人暮らしで坂道を上るのも大変。助かっています」、80代男性も「週に1回は利用している。本当にありがたい」と話すなど好評だ。
 初年度(27年12月~28年3月末)に25件だった配車回数は右肩上がりに増え、昨年度は306件を記録した。だが、同会の田口信義委員長(76)は「サポーターの都合が急に悪くなったり、急な依頼が来たりすることもあるので大変だった」と打ち明ける。
 これまでは田口さんが電話で送迎依頼を受け、その都度、サポーターに連絡。もっとも、利用者のさらなる増加が見込まれる中、一人で全てを管理するのは難しくなる。そうした事情を受け、ITを活用して地域の課題解決に取り組む市民団体「CODE for IKOMA」のメンバー、野津拓也さん(46)がシステム化を提案した。
 大手電機メーカーに勤務する野津さん自身も鹿ノ台在住で「買い物難民や外出できない高齢者が多いと聞いていた。潜在的な利用者は今の10倍はいる。30年後を見据え、仕組みを作っておかなければと考えた」と話す。
 システムの名称は「いきいきの輪」。利用者は電話で送迎希望日を登録。無料通信アプリ「LINE(ライン)」やメールでサポーターに登録データが配信され、送迎できる日があれば返信してマッチング完了となる。さながらウーバーのようなサービスだ。
 〈ウーバーは登録した一般人が自家用車などを使い、有料で乗客を運ぶサービス。スマートフォンから専用のアプリを使い配車依頼などができる。米企業のウーバー・テクノロジーズが始めたサービスで、現在は日本を含め海外で幅広く展開されている〉
 野津さんは「『いきいきホール』というコミュニティーに多くの人が集うことで、孤独になりがちな高齢者が楽しく過ごせる地域を作りたい。運用には年間約2万円かかるが、将来的には広告費などでゼロにしたい」と展望を語る。
 同会は奈良先端科学技術大学院大学と共同で、少ない消費電力で広いエリアをカバーする無線通信方式を使った「LoRa電波送迎システム」の実証実験を開始。いきいきの輪は電話での登録だが、こちらは家庭に設置した端末に日時などを入力するだけで依頼できる。電波が伝わりにくい地域があるなど課題もあるため、今年度中にどちらのシステムを選択するかを決める予定だ。
 田口さんは「令和5年度の自動運転車との融合を目指し、自動車メーカーにコンタクトを取り始めている。高齢者が楽しく過ごし、健康維持ができる長寿のまちをつくりたい」と力を込めた。
   ◇
「いきいきの輪」の仕組み
(1)指定された番号に電話
(2)会員番号、希望日時を入力
(3)行き先の数字を入力
(4)登録するサポーターに送迎リクエストが通知される
(5)マッチング完了後、送迎希望者に自動音声で電話がかかる
産経新聞

태그

블로그 보관함

最近の投稿