Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

涙ぐましき、Appleの企業努力はSIMピンにまで及ぶ

涙ぐましき、Appleの企業努力はSIMピンにまで及ぶ

コツコツを怠るべからずよ。

コスパ素晴らしき第2世代iPhone SEは、iPhone 8のパーツを流用している部分が多く、製造過程においてもコスト削減に努めているのが伺えます。そのかわりSoCは最新というのが、強みですからね。

涙ぐましき、Appleの企業努力はSIMピンにまで及ぶ

ゆえにヘッドフォンジャックもなければ(上は初代iPhone SE、下は第2世代iPhone SE)。

ボディカラーもツートン。カラバリで色が変わるのは背面だけで、前面はカラーを問わずブラックです。カラバリ自体もホワイト、ブラック、(PRODUCT)REDの3種類だけなんですけどね。

で、アンボックスしていて気づいたのがこちら。

涙ぐましき、Appleの企業努力はSIMピンにまで及ぶ

SIMピン、変わってません…? 左が第2世代iPhone SE、右はiPhone 8 Plusに付属していたSIMピンです。今までは平べったい金具だったのが、クリップのように折り曲がったワイヤーになってます! 地味変更…!

涙ぐましき、Appleの企業努力はSIMピンにまで及ぶ

説明書のイラストもしっかり変わってますね。金型も入稿データも替えなきゃならなかったでしょうに、結果的に替えた方が低コストになるということなのでしょうか。Appleほどの大企業でも、こういうとこ変えるんですねぇ。

以上、Appleの企業努力が伺えるお話でした。でも、前の平たいピンの触り心地、好きだったんだけどなぁ。

2020年4月24日 追記:このSIMピンはiPad Airなど他のミドルクラス製品にも採用されているみたいです!

GIZMODO

태그

블로그 보관함

最近の投稿