Auoneblog.com が提供するポータルサイト。検索、天気、乗換・地図、占いなどの便利なサービスが利用できるほか、時事やスポーツ、芸能などの最新ニュースをリアルタイムにお届けしています。

Powered by Blogger.

このブログを検索

Archive

About

Facebook

外出制限、22年まで必要 「1回限りだと、すぐに第2波」 米ハーバード大予測

外出制限、22年まで必要 「1回限りだと、すぐに第2波」 米ハーバード大予測

国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 新型コロナウイルスのワクチンや特効薬が開発されなければ、外出制限や休校などの対策を2022年まで断続的に繰り返す必要性があるとのシミュレーション結果を、米ハーバード大の研究者らが米科学誌サイエンスに発表した。対策を1回限りで解除すると、すぐに流行の第2波が来て長期化すると予測している。

 研究チームは、通常の風邪の原因となる2種類のウイルスの過去の感染動向を参考に、季節による流行の仕方や、回復した後に免疫が持続する期間などを推定。新型コロナウイルスの感染者数が今後5年間、どう変化していくかを予測した。

 その結果、救急医療体制が拡充されず、治療薬やワクチンも使えない状況で、外出制限など「ソーシャルディスタンス」(社会的距離)を保つ対策を1回で終えてしまうと、流行はぶり返して長期化することが判明。多くの人が感染し、集団免疫を獲得する22年まで対策を断続的に続ける必要があると分析している。冬に感染が広がった場合は、季節性インフルエンザの流行期と重なり、医療体制を一層圧迫しかねない。

 また、いったん制圧できた後も、再燃する恐れがあるため、24年までは監視が必要という。

 現在、国内外で都市封鎖や外出自粛要請などの対策が取られている。研究チームは、こうした措置は他方で経済や教育に深刻な影響をもたらすとして、「流行を予測しながら、医療体制の拡充や治療法の特定を進めていくべきだ」と指摘している。【岩崎歩】

毎日新聞

태그

블로그 보관함

最近の投稿